« ああ勘違い | トップページ | 春の陽気に誘われて »

2013年1月27日 (日)

吾妻渓谷・不動の滝

仲間五人と不動の滝に登ってきたのだが、他パーティーの事故に巻き込まれて、その救出等に時間をとられて、予定していたことの半分ほどしかできなかった。
川原湯温泉駅近くの駐車場にテントを張り、出かけようとすると、後からきた四人パーティーに追い抜かれる。不動の滝に着くと、件の四人パーティーが登っているので彼らが登っている合間を縫って、私がトップロープを張りに行く。
グレードはⅣ程度だが、50メートル近くあるので、それなりの充実感が味わえる。終了点から懸垂で下降し、二人目が登ろうとしているまさにその時、たまたま後ろを向いていた私は、大きな物音で振り向くと、壁の上から四人パーティーの一人が壁に何度もぶつかりながら落ちてくる。下まで落ちた遭難者は口から血を出して意識がない様子。直ぐに救急に通報し、ヘリの出動を要請する。地上からも救出がくるということで、彼らの誘導のために、車道までに迎えに行く。
間もなく消防団がやってきたので彼らと一緒に現場に戻る。遭難者の意識も戻ったようでほっとする。ヘリによる救出が出来ない場合には地上から搬送するということで、担架も用意される。
1時間ほど経って待望のヘリが飛来する。ただ狭まった谷間なので降下には困難が伴うようで、何度も旋回を繰り返した後に、まず隊員が機上からワイアで降下し、しばらくしてから遭難者を吊り上げて救出が完了する。あとは遭難者が大事に至らないことを祈るばかりである。
Photo 不動の滝の全景と上空の救出ヘリ

消防団や他のパーティーも帰ってしまい、我々の貸切状態となる。救出の待機のために残り時間は少なくなっていたが、まだ登っていないメンバーに登ってもらって、本日は終了とする。

先日の旭岳東稜でも下山時に怪我人救出に向かう消防団と出会った。自分自身がそのような目にあわないように他山の石としたい。

|

« ああ勘違い | トップページ | 春の陽気に誘われて »

フリークライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/536033/56640763

この記事へのトラックバック一覧です: 吾妻渓谷・不動の滝:

« ああ勘違い | トップページ | 春の陽気に誘われて »