« 東海自然歩道踏破 7回目 | トップページ | 沖縄マラソン »

2019年2月11日 (月)

冬の鳩待峠

冬の鳩待峠この背後に肉眼では至仏山がうっすらと見えたんだけど・・・ 冬の鳩待峠小屋は冬季休業中 冬の鳩待峠峠下に張ったテント

春と夏しか行ったことがなかった尾瀬に昨秋行ってきたので、今度は冬の尾瀬に行ってみようと、お手軽な(筈だった)鳩待峠往復コースを選んだ。冬はバスは麓の戸倉までしか行かないが、鳩待峠までは12キロ程度の距離なので五時間もあれば着くだろうとたかをくくっていた。

 

古いトレースはあったが、そこそこ潜るのでわかんじきをつける。まもなく二人連れのスノーボーダーとすれ違ったが、彼らのトレースはしっかりしていてそれを辿れば潜らないように思えたものの、ワカンを脱ぐのも面倒なため、そのまま進む。

 

さほど傾斜があるわけでもなく潜るわけでもないのに時速二キロペースでしか進めず、12時に戸倉を出発して夕闇迫る5時には鳩待峠どころか4キロも手前の水上に向かう道路との分岐点のちょっと上までしか行けなかった。

 

その晩は久しぶりの冬山ということで、いろいろと失敗もあった。雪落とし用のタワシを忘れたり、厳冬期用のカートリッジでなかったために調理に時間がかかったりしたが、なんとかしのぐことはできた。

 

翌朝は軽装で鳩待峠を往復してくるため暗いうちから出発する。歩きだしてしばらくすると、だいぶ後方にライトの明りが見える。かなり早く戸倉を出たのだろうが、ペースもだいぶ早いと思われるので、鳩待峠の途中で追い抜かれるかと、後ろばかり気にしながら歩いたがら2時間ほどかかって峠に着くまで追い抜かれずに済んだ。

 

夜間は満天の星空だったが段々と薄曇りとなり、期待していた至仏山の眺望は肉眼では辛うじて見ることはできたが、写真では全く写ってなかった(ここに至仏山があったんだということで、写真だけは添付しておく)。尾瀬ヶ原にも行ってみたい気はしたが、今のコンディションでは往復するだけで半日はかかりそうなので、あきらめて戸倉に向けて下山する。

 

途中でテントを回収した時間を除くと時速三キロくらいでは歩けたようである。出発時のライトの人とは会わずじまいだったので変だなと思っていたら、後ろからスノボーに追い抜かれてハタと気づいた。林道を滑るだけのスキーヤーやボーダーが結構いるようなので、朝見たライトはその人のものだったのだろう。林道をわざわざ滑りに来るなんて物好きだなあと思ったが、鳩待峠までわざわざ登りに来る方がよっぽど物好きかもしれない。

|

« 東海自然歩道踏破 7回目 | トップページ | 沖縄マラソン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 冬の鳩待峠:

« 東海自然歩道踏破 7回目 | トップページ | 沖縄マラソン »