« 中国地方西部旅行 五日目 楽勝のはずが大慌て | トップページ | 中国地方西部旅行 七日目 山口県に到達 »

2020年3月26日 (木)

中国地方西部旅行 六日目 恐羅漢山

20200325221138002020032522111300
今日は海岸を離れて島根・広島の県境にある両県の最高峰である恐羅漢山を登った。今回の旅行は日本列島海岸線走破とJR全線乗車の他に都道府県最高峰登頂もあり、山口県最高峰の寂地山も後半に登る予定である。 恐羅漢山の島根県側の登山口である亀井谷出合までは益田市からは36キロもあるが、公共の交通機関の便がないためマイカーかタクシー利用しかアクセスできないとされているが、今回無謀?にも自転車でのアクセスを試みた。朝8時に益田市の宿を出るが、途中に雪舟の石庭があるお寺があるというので、立ち寄ってみる。水墨画で有名な雪舟は益田で生まれたということで、あちこちに記念館等がある。朝見たお寺は石庭というには、ちょっぴり寂しいものであった。 登山口までは最初は緩い登りが続いていたが、次第に傾斜が強くなってきたお昼頃には前進するのが辛くなったきたが、いわゆる「しゃりバテ」だったようで、自販機の所でパンと飲み物を摂ったら元気がでてきた。そこから200メートルほどの高さを登ったトンネルから先は下りで、ほどなく登山口の亀井谷出合に着く。亀井谷に沿って、しばらくは舗装路がつづいていたので自転車を奥まで進め、砂利道になったところに自転車を置いて歩きだした。二時間半の歩きで登頂したが、結局誰にも会うことはなかった。東京近辺の有名な山ならば、平日でも登山者は必ずいるんだけど 下りは暗くなる前に自転車まで戻れたが、行きに苦労した登りを下り始めたあたりで暗くなってしまい、怖いのでスピードを出さずに降りたものだから、宿に着いたのは九時過ぎで連続13時間の行動となってしまった。連日の移動と伴に行うのは少しハードだったので、後半の寂地山を登る際は自転車以外のアクセスを検討してみよう。

|

« 中国地方西部旅行 五日目 楽勝のはずが大慌て | トップページ | 中国地方西部旅行 七日目 山口県に到達 »

歩き」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 中国地方西部旅行 五日目 楽勝のはずが大慌て | トップページ | 中国地方西部旅行 七日目 山口県に到達 »