« 東海道五十三次 第9回(8月15日) 桑名から亀山の手前まで | トップページ | 東海道五十三次 第13回(8月19日) 水口から三条大橋 »

2009年8月23日 (日)

東海道五十三次 第12回(8月18日) 亀山の手前から水口

今日は長丁場なので、早めに名古屋を出発し、亀山、関と順調に進むP1000117

関の宿は今までのどこよりも昔の宿場の町並みが残されているところでした。名物のおこわを食べてから、箱根に次ぐ難所である鈴鹿越えに向かう。

ところが旧道を見失い1号線をそのまま行ってしまったため、峠自体には登ることはできずに最後は峠直下のトンネルを行く羽目となる。

水口までの下りも長く、ホテルに着いたのは9時を回った時間であった。

|

« 東海道五十三次 第9回(8月15日) 桑名から亀山の手前まで | トップページ | 東海道五十三次 第13回(8月19日) 水口から三条大橋 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東海道五十三次 第12回(8月18日) 亀山の手前から水口:

« 東海道五十三次 第9回(8月15日) 桑名から亀山の手前まで | トップページ | 東海道五十三次 第13回(8月19日) 水口から三条大橋 »