« ようやく中尊寺到達 | トップページ | 湾岸から木更津への海岸線ツーリング »

2009年11月15日 (日)

奥の細道を旅する

歩き(一部は走り)による中尊寺までの奥の細道踏破を達成しましたので、その後の奥の細道ゆかりの地はとりあえずは乗り物を利用して行ってきました。

初日は酒田の本間家を見物してから、あこがれの象潟へ。九十九島で往時のありさまを想像したりしました。天気が悪くて鳥海山の眺望が得られなかったのが残念でした。

翌日は荒れ模様の天気でしたが、8合目から山頂までの参道では運良く雨に遭わずにすみました。山頂付近の斎館というところで精進料理をいただいた後、鶴岡市内に戻り、庄内藩の藩校や資料館を見学しました。鶴岡からの帰りは強風で羽越線がストップしたため代行バスで帰るというハプニングはありましたが、新潟からはなんとか予定していた新幹線で帰ることができました。

Cimg0393

象潟 九十九島

Cimg0401

羽黒山 五重の塔

|

« ようやく中尊寺到達 | トップページ | 湾岸から木更津への海岸線ツーリング »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥の細道を旅する:

« ようやく中尊寺到達 | トップページ | 湾岸から木更津への海岸線ツーリング »