« 富士山 | トップページ | シャモニ »

2010年6月30日 (水)

東北シリーズ

前回から半年以上たってしまい久々の東北シリーズです。

初日は水沢から北上までの20キロの行程である。5時間くらいの比較的短い時間だったが、天気が良かったので、かなり消耗しました。最後に北上川の支流である和賀川を越えて北上駅に着いたのは、予定よりも1時間も早い2時前であったが、明日の早池峰山登山に備えて、今日はセーブしてここまでとしました。

Isawa

2日目は以前から一度は行きたいと思っていた早池峰山です。早池峰山といえばエーデルワイス(日本名は「うすゆきそう」)です。この花がなければ、誰も訪れない不遇な山となっていたかもしれませんが、夥しい数のハイカーとこれまた大勢の監視員で静かな山ばかり行っている自分としては珍しい山となりました。今回は家内と一緒だったので、のんびりと登りましたが、それでも、ほぼコースタイムどおり登れたのですが、下りではさすがに家内もバテテしまったようで、抜かれっぱなしでしたが、最終バスまでには1時間以上も時間があり、待ちかまえていたブヨの標的となりました。その他の高山植物も見事なのですが、ブヨの多いのには参りました。その晩は花巻温泉に泊まってゆっくりさせてもらいました。

Edel_weis

最終日は北上から盛岡までの50キロのロングコースです。そのため午前中はジョギングで行きましたが、気温がグングン上昇して正午前には29度を越えたため、走る気力も失せ、以後歩きに変わります。花巻の先で東京から500キロの標示に出会い、はるばると来たものだなあと感慨に更けたが、今日の行程はまだ30キロ以上あるため、気を引き締め直す。

500k_3

夕方になって気温も下がり始めたため、再びジョギングを始めて少しペースも上がってきた。おかげで一時はリタイアかと弱気になったが、なんとか完走できる見込みも出てきた。やがて盛岡の一つ手前の駅への入り口まで達し、後5キロほどでゴールというところまで辿り着くことができた。最終新幹線の発車時間までは1時間半くらいはあり、なんとか間に合う目途もついてきた。今まで進んできた4号線は盛岡中心部を迂回するので、盛岡駅と表示された道に進路をとる。ところが人家が急に少なくなり、道も暗くなってきて、本当に盛岡駅を目指しているのか少し不安となる。だいぶ歩いて、駅まで1キロぐらいだろうと思っていたら盛岡駅まで3キロの標示があってガーンとする。後40分じゃとても無理と走り出す。途中道に迷って人に駅を尋ねたりするが、とても歩ける距離じゃないなどといわれてますます焦る。焦るにつれてスピードがどんどん上がっていき、北上川を越えると、ようやく駅が見えてきた。ラストスパートで駅の階段を飛び上がり、発車1分前にぎりぎりで飛び乗ってなんとかセーフ。毎度のことながら、最後にこんなに苦労するとは

今回はひやひやながらなんとか予定をクリアできた。青森までは国道そいに行ってあと200キロ少々。私は岩手山~八幡平~十和田湖経由を予定しているのでそれ以上の距離があるでしょう。この秋にチャレンジしますが、本当に青森まで行けるのだろうか

|

« 富士山 | トップページ | シャモニ »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東北シリーズ:

« 富士山 | トップページ | シャモニ »