« アルプス旅行記 その3・完結(ドロミテ・ツーリング篇) | トップページ | 川乗山逆川 »

2010年8月 2日 (月)

西上州山越えツーリング

帰国後第1弾の企画はMTBでのツーリング+山歩きとなりました。

猛暑を覚悟してはいましたが、それにしても暑い。
特に松井田から下仁田-荒船ラインまでの登りでは滝のような汗

コースは本宿から初鳥屋方面に分岐するつもりが、分岐点を見落として直進し、その先で屋敷方面に右折する。
屋敷の先の急坂では根性なく早くも自転車を降りてしまう。
神津牧場では大休止
期待していた牛乳は思っていたほど濃厚ではなく、ガッカリ。その代わり飲み放題の冷たい水がうまかった。

牧場の先で林道から別れて香坂峠の道に入ったのが大失敗
入り口こそ、しっかりした道だったが、その先はどろんこ道の急登。ガタルカナルの密林を行軍していくようなもので、足を踏ん張りながらMTBを引き上げるのに大奮戦
小1時間で稜線について一安心

左は物見山、右は八風山の標識がある。
物見山への登路がMTBで通行可能なのかどうか不明であるし、碓氷峠から繋がっている関東県境縦走が途切れてしまうので、右に向かう。
私のMTBの腕前でも可能な程度の緩やかな下りが続くが、時々、木が並べられた所ではMTBを降りていかなければならず、面倒である。
やがて林道にぶつかり、ここから北部は以前に歩いているということで、南に進路を取る。

途中、内山牧場あたりは広々として気持ちのいいところである。
神津牧場は昭和初期の岳人「大島亮吉」の本でも出ており、一度来てみたいと思っていたが、全く観光地化されていて少々がっかりしたのに対して、内山牧場は静かなたたずまいで好ましい所であった。
内山牧場から先は林道と別荘地の道が入り乱れていて迷いやすいところである。
少々迷ったあげく、佐久方面への下り道をみつける。
左側には荒船山の岩壁が見えるが、今日は時間がないので、他日としよう、

ここからは一気の下りで気持ちよい。
もうそろそろ中込のはずだが一向に到着しない。
携帯の地図で確認すると、相当行きすぎてしまったらしい。
GPS機能付きの携帯がほしくなってしまう。
なんとか中込駅までもどることができた。
道路の方向指示を見ていても、鉄道の駅というのは余程近くまでいかないとないものなので、つい見過ごしてしまう。もっとも車にとって鉄道というのは不要な情報なんでしょうけど

今日は暑さと山登りのために走行距離(70キロ弱)の割には疲れた1日でした。

Cimg1008

Photo

|

« アルプス旅行記 その3・完結(ドロミテ・ツーリング篇) | トップページ | 川乗山逆川 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 西上州山越えツーリング:

« アルプス旅行記 その3・完結(ドロミテ・ツーリング篇) | トップページ | 川乗山逆川 »