« 体験クライミング | トップページ | 神田川ランニング »

2010年10月31日 (日)

裸の山

ラインホルト・メスナーの名を初めて耳にしたのは私がクライミングを始めて間もない頃に「第7級」という表題の本で従来のクライミングの難易度限界の6級を越える概念を打ち出してからである。

その後、ナンガパルバットでの壮絶な生還劇、ガッシャーブルムⅠ峰での8千メートル峰初のアルパインスタイルによる登頂、エベレスト初の無酸素登頂など70年代の登山界を席巻してきたクライマーである。
そのナンガパルバットからの生還後に隊長のヘルリッヒコッファーとの間にトラブルがあったことの概要は聞いていたが、80年代以降は、ノーマルルートからの8千メートル峰のコレクターに変身して初の8千メートル峰14座全山登頂者として、登山界の大御所に収まっているのかと思っていたら、ナンガパルバットの一件はメスナーにとっては過去の忘れ去った出来事ではないらしく、「事件」から30年以上たって新たにその総括ともいうべき本を出版した。それが「裸の山」(現地語ナンガパルバットの訳)である。

Photo
この本を読んで、従来のメスナーの本の断片的な記述ではわからなかったことなども知ることができたが、私にとって印象的だったのは、氷河を脱出してから、文明の及んでいるギルギットまで、よく着の身着のままで無事に辿り着いたというところである。

この本の内容は映画化されて近々、日本でも一般公開されるそうである(先週あった東京での国際映画祭では公開されたとか)。話の筋立て云々よりも、ナンガパルバットの実写をふんだんに取り入れた現地ロケを行ったものであってほしい。どこかの映画にあったようなニュージーランドの山でロケを行ったものは御免こうむりたい。

実はナンガパルバット自体は一昨年にカラコルムに行った時にスカルドに向かう機上から見ることができたのだが、山はやはり下から仰ぎ見ないと、その偉大さは十分に感じとることはできないものである。次はぜひ、ナンガパルバットの周辺をトレッキングして、メスナーの登ったルパール壁をできるだけ近くから眺めてみたいと思っている。

ナンガパルバットはk2と並んで憧れのピークであり、一時は真剣にこの山を登ることを考えたこともあったが、今となっては叶わぬ夢となったものの、初登頂者ヘルマン・ブールのこれも壮絶な生還劇(この時も隊長のヘルリッヒコッファーとの間にトラブル)の忘れがたい記憶も併せて、絶対に間近から見たいものである。

|

« 体験クライミング | トップページ | 神田川ランニング »

高所登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 裸の山:

« 体験クライミング | トップページ | 神田川ランニング »