« 街道をゆく | トップページ | 利根川踏破 »

2010年11月14日 (日)

玉川上水

前回の神田川に続いて玉川上水に行ってきました。

玉川上水は江戸時代に神田川だけではまかないきれない江戸市民の飲料水を確保するために多摩川の水を引いて作ったものである。
工事は難関続きで工事の責任者だった玉川兄弟は私財を投げ打ってようやく完成したことを小学校でも習ったので、全国的にも有名なのかと思っていたら、どうも東京地方だけでしか習わないようで、愛知県出身の家内は知らないとのことであった。

玉川上水の片道だけならば、ランニングでも行ける距離だが、昨日は皇居20キロを走って疲れているので、自転車で行くことにする。
行きは青梅街道を通って行ったが、青梅街道自体は山梨の塩山まで何回かにわけてランニングで踏破済みだと思っていたら、田無から箱根ヶ崎までは新青梅街道を通っていたことが判明したので、今回は本来の青梅街道を行くこととする(旧青梅街道というのもあるようだが、横田基地を通っているため通行不可とのこと)。

箱根ヶ崎で新青梅街道に合流してから南に向きを変え、多摩川の羽村取水口に向かう。
取水口に着いたのは家を出てから約3時間後であった。

Photo 取水口

Photo_2 玉川兄弟像

取水口からは玉川上水に沿って下って行くが、途中の拝島駅の手前の日光橋公園で少し遊んでいく。
公園ではおそらく唯一だろうが、クライミング用のボルダーがあることで有名なところである。
さっそく、登ってみるが、運動靴では滑ってしまい登りにくい。
そのうちにパトロールのお巡りさんが何人もやってくる。APECの警備だろうが近くに横田基地があるからであろうか
こんなところでクライミングをしていて、挙動不審の人物とでも疑われたら面倒なので、早々と退散する。

Photo_3

このまま帰ってしまうと、今日の行程は短か過ぎるので、昭和記念公園に寄り道していく。
公園にはサイクリング専用道路があるので快適である。紅葉の盛りで行楽客で賑わっていた。

Photo_4 日本庭園

Photo_5 銀杏並木

紅葉を楽しんだ後、玉川上水に戻る。ここから三鷹駅までの上水沿いは以前所属していたランニングクラブで往復30キロの練習会でよく走ったものである。
ランニングだと長く感じるが、自転車だと当たり前だが、随分と早く行けてしまう。それでも三鷹駅に着いたときは真っ暗になっていた。
玉川上水は三鷹から先もしばらくは流れがあるが、富士見ヶ丘付近で暗渠に入る。上水の終点である四谷大木戸までは今でも地下を水が流れているそうである。
今日は暗くなってしまったことでもあり、上水の地上部分の終点までは行けたので、これをもってゴールとして帰途に着くことにする。

Photo_6 今日の行程

|

« 街道をゆく | トップページ | 利根川踏破 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 玉川上水:

« 街道をゆく | トップページ | 利根川踏破 »