« 道南を行く(前編) | トップページ | 駅 STATION »

2011年1月28日 (金)

道南を行く(後編)

深夜の闖入者騒動は何事もなく終わり、駅員がやって来る前に荷物の整理も終える。駅員にストーブで暖まって行くように勧められるが、外に出るのが嫌になりそうなので、すぐに出発する。
外気は厚い手袋をしてても指が痛くなる寒さである。駅近くのコンビニに入り、暖かいおでんでも食べたかったが、まだ準備ができていないということで、弁当を暖めてもらって店の外で食べる。
当初の予定では、今日は長万部まで行くつもりで温泉宿を予約してあったが、行程の遅れのために50キロ近くを残しており、とても今日中に着くことは無理であるが、行けるところまで行って、後は電車で長万部まで行き、歩き残した部分は最終日に歩くことにした。
噴火湾を右手に見ながら海岸沿いに国道を進んで行くが、案の定、お店は皆無で、前夜は落部泊まりで正解であった。八雲の町が近づいてくると、家並みも特急停車駅の町らしくなってくる。

Photo
1キロ先に寿司屋があるとの表示を見つけたので、北海の味が楽しめるぞと、足取りも軽くなる。ところが優に1キロ以上は歩いたはずなのに、一向に寿司屋が現れない。手前で八雲市街地へ向かう道が分岐していたので、店はそちらの方にあるのかと思い、腹も空いたことだし、最初に現れた飲食店でハンバーグを食べる。寿司を食べたかっただけにはぐらかされたような気分であった。ところが店を出てすぐに捜していた寿司屋を発見して地団駄を踏んでしまった。

明日は長万部までと決めていたので、今日はそれほど頑張らずに、2キロほど先の鷲ノ巣駅まで歩けばいいやと、のんびり進んでいたが、とうに鷲ノ巣駅に着いていいはずなのに、一向に駅が現れない。そこでGPSで現在地を確認すると、駅を通り越して先の方まで進んでしまっていることが判明する。国道に駅入口の表示がなかったために通り越してしまったのだが、考えてみれば、ドライバーにとってはローカルな駅の存在などはどうでもいい情報であるから、表示がないのはあたりまえといえばあたりまえなのだが。

予定の列車の時間までわずかになってしまったので、慌てて戻ったが結局間に合わずに、次の列車まで2時間以上待たされることになってしまった。宿に到着が遅れることを連絡すると、今度の列車の到着時間に長万部駅まで迎えにきてくれるということで、野宿が続いた自分にとっては、やっと人並みの夜が過ごせることになった。

次の日は荷物はコインロッカーに入れて空身であるくことができ、深夜の夜行列車の時間までに長万部に到着すればよいので、ゆっくり寝てればいいのだが、早起きの習慣がついてしまったのか早くから目覚めてしまう。今日もいい天気である。のんびりと支度をして、鷲ノ巣駅に列車で戻ったのは、お昼近くになってしまった。そこから4キロばかり歩いた山崎駅近くの食べ物屋に入って定食を注文したら、またもやハンバーグであった。どうも北の海の幸には恵まれないようである。

そこから先は海岸沿いに真っ直ぐに伸びた道を行くことになる。噴火湾の向こうには有珠山が見えてきて、夕日になってくると、赤く染まってきるのが綺麗であった。

Photo_2

あたりは段々と暗くなってきて、最初からそのつもりであったのだが、夜道を歩くことになる。いくつかの駅を通り過ぎても全くお店がない。そろそろ腹も減ってきたので食べ物屋を捜していたところ、やっと見つけたと思ったら、もう閉店していたのでガッカリする。そこから1駅歩いて、長万部まで5キロくらいの地点まできたところで、やっと開いているラーメン屋を見つけて海鮮ラーメンを注文し、今回最後となるであろう海の幸を味わう。

そのお店を出てすぐに後ろから呼び止められる。店員さんが私がお店に落としてしまった帰りの切符を届けてくれたのであった。危ないところであった。店員さん、ありがとう!

長万部の駅には駅員乗客ともおらず、広い待合室で一人酒を飲みながら、夜行列車の到着を待つ。ところが酒が回ってきたのか、段々と睡魔に襲われてくる。ここで寝過ごしてしまうと、たいへんなことになるので、なんとか頑張り、定刻通りに到着した夜行列車に乗り込むとすぐに爆睡状態となる。

翌朝目覚めると雪模様ではあったものの、ほぼ順調に来ているようであったが、青森駅まで20分くらいの所でポイント故障で2時間近く立ち往生となる。その日は仕事は夕方にあるだけだったので、多少遅れてもいいやと思っていたところ約2時間遅れで青森駅に到着したのでホッとしたのだが、実はそれから先にもトラブルが待っていたのである。車内で雪のため奥羽本線は不通であるとのアナウンスは聞いていたのだが、自分には関係ないと思っていたところ、奥羽本線が動かないと新青森までは行けないのである。新幹線が青森まで延伸したことが、今回だけは裏目に出てしまったようだ。代行バスはいつ出るかわからないし、路線バスは1時間待ちということだったのでタクシーで新青森に向かう。それから先は特にトラブルもなく、予定より3時間遅れで帰宅したが、この程度の遅れは今の時期ではしかたがないのでしょう。

今回は予定よりもかなり手前の長万部までしか行けず、2月の道央、3月の道北で宗谷岬まで行くという計画はほぼ不可能になってしまった。冬の北海道という限定に拘っているので、歩き残した部分は来年の冬まで持ちこさざるえないであろう。

Photo 赤線が今回のコース

|

« 道南を行く(前編) | トップページ | 駅 STATION »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道南を行く(後編):

« 道南を行く(前編) | トップページ | 駅 STATION »