« ポカポカ陽気の日光橋ボルダー | トップページ | 道央を行く その2 »

2011年2月10日 (木)

道央を行く その1

前回の道南シリーズでは荷物が重すぎて行程が捗らなかったので、今回はテントを持参せず、全て宿泊まりとする。

新青森で下車すると、歌の文句ではないが、「雪の~なか」であった。フェリー乗り場まではタクシーならすぐであったが、早く着きすぎてもしょうがないので、小1時間歩いて行く。それでも出発まで時間をもてあましてしまった。

フェリーはガラすきであったので、短時間ながら熟睡できた。到着時間近くなったので、デッキに出てみると、函館の夜景が次第に近づいてくる。

Cimg1741

港から駅までは思ったより遠くて、最後はタクシーに乗って、かろうじて予定の特急にセーフとなる。函館から長万部までの前回5日間をかけて歩いたところも、特急だと1時間ちょっとで行けてしまう。前回のゴールの長万部で下車して、新たなスタートを切る。

Cimg1744

今日は雪が横なぐりに降ってくるが、冬山の稜線で吹雪かれることを思えばたいしたことはない。ただ今回は最初から足が痛みだすのには参ってしまう。後1週間足が持ってくれるか

前半はペースが上がらなかったが、蕨平の先で国道とJRが別れるころから調子が出始め、予定よりも早く今日の目的地の熱郛に到着する。ただ、ここには宿泊施設がないので、ひとつ手前の黒松内まで列車で戻って、今日の予定は終了する。

|

« ポカポカ陽気の日光橋ボルダー | トップページ | 道央を行く その2 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道央を行く その1:

« ポカポカ陽気の日光橋ボルダー | トップページ | 道央を行く その2 »