« 道央を行く 最終回 | トップページ | 東京マラソン前日 »

2011年2月21日 (月)

青梅マラソン

青梅マラソン30キロに出場してきました。

昨年は親子3人での初出場ということでタイムはともかくとして、それなりの意気込みで臨みましたが、今回は3月4月のフルマラソンのための練習というつもりで気軽に臨みました。

今日に限り、ホリデー快速がスタート地点となる河辺駅に臨時停車になるということで乗り込んだのですが、武蔵小金井で前を行く特急が故障したということで30分近くストップ。おまけに拝島止まりに変更になったということで立川駅で乗り換える。前回の大田原マラソンでも電車の遅れで時間に遅れての受付になったが、どうも記録も落ち目だし、そろそろ引退しろということか。

受付時間は延長してくれたので問題はなかったが、慌てて着替えしてスタート地点に行ったら、もうスタート5分前だった。おかげで寒い中で長時間待たされることはなかったのはさいわいであった。

子供のペースに合わせて走った去年の記録のせいで、かなり後ろの方からのスタートとなり、スタートの合図があってからも渋滞でなかなか進まず、スタート地点まで10分近くかかってしまった。そこから先も渋滞で何度もストップ。ようやく少し進み出したかなというあたりからペースアップしたが、5キロあたりのところで右足のふくろはぎに痛みがおきる。こんなところに痛みが起きたことは今までになく、肉離れの心配も起きたので、一瞬立ち止まって、しばらくはゆっくりと走って様子を見る。多分北海道徒歩旅行の疲労が抜け切れていないところに急に負担がかかったせいかもしれない。リタイアすることも考えたが、しばらく走っても、それ以上は痛みがひどくならないようなので、記録は無視して完走だけを目標に走ることにする。

ゆっくりペースで走っているせいか、折り返しを過ぎても余力が残っていたので、多少はペースアップする。さすがに25キロを過ぎると、電池切れとなってしまったが、去年の記録よりは3分くらい早くゴールすることはできた。

完全な失敗レースで、フルマラソンの練習にどれだけなったかは疑問だが、まあこんなレースもあるでしょう(どうも最近はそんなレースばかりのような気もするが)。

|

« 道央を行く 最終回 | トップページ | 東京マラソン前日 »

走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青梅マラソン:

« 道央を行く 最終回 | トップページ | 東京マラソン前日 »