« ボランティア会場は超満員 | トップページ | 現地ボランティア »

2011年3月28日 (月)

鍬ノ峰

鍬ノ峰という山名を知っている人はまずいないでしょう。かくいう自分もそうでした。なぜそんな山に登ることになったかということから説明しなければなりません。

平日に地震救援物資のボランティアをしていて、日々希望者が増えていくのに驚き、土日はさらに増えるだろうから、土日しか参加できない方のために自分は遠慮しておき、その間に山で息抜きをすることにした。こんな時期に山に行くことに多少は気がとがめたが、ボランティア、募金、節電等の各人の出来る範囲のことをやり、それ以外はいつもと同じ生活をすべきで、行きすぎた自粛ムードは被災者のためにもならないだというのが私の考えである。

そこで、前から続けている関東県境尾根縦走の続きを行うことで、小淵沢経由で小海線に乗るつもりだった。ところが、甲府の先で車内放送があって、計画停電のため、小海線は終日運休とのこと。天罰じゃ~!さーどうする。今回はピッケル、アイゼンを持ってきてないので高い山には登れない。とにかく松本まで行き、そこで情報収集して行き先を決めることにする。

松本駅近くの本屋で調べると、信濃大町の南に鍬ノ峰という1600メートル程度のピークがあり、360度の大展望が得られるが、アプローチは短いとあったので、そこに行くことにして地図を買い求め、大糸線で最寄りの駅まで行くことになった。歩き出したのが2時を回っていたので、当日は3時間ばかり歩いた登山口近くにテントを張る。

深夜放送を聞きすぎたために寝坊して出発が9時になってしまった。こんな山を登る人はおるまいと思っていたら、ちゃんと新しい踏跡があるではないか。今日は空身に近い荷物で頂上まで往復するだけだから楽チンだろうと思ったら大間違いで、急な斜面に薄く雪がついているだけなので滑りやすくてコースタイムの倍くらいの時間がかかってしまう。

頂上まで100メートルくらいの高さまで登ったら踏跡が消えてしまう。時間切れであきらめたのだろうか。最後の登りは多少雪も深くなり雪山らしくなってくる。頂上に上がると360度の大展望が待っていた。西側は後立山の白銀の山々、東側は安曇野である。

Cimg1936

存分に展望を楽しんだ後に下降に移る。ときたま尻セードも交えながら駈け下ったので1時間ちょっとでテントまで降りてこられた。林道はしばらくは雪があったので、北海道旅行と同様にソリで運べたが、その後はかついで下る。最終電車までには余裕をもって降りられたが、昨日の運休騒ぎもあったので多少は心配であった。案の定、運休こそなかったが、人身事故があって電車が遅れ、高尾駅ではぎりぎりで中野行き最終に間に合うことができた。

|

« ボランティア会場は超満員 | トップページ | 現地ボランティア »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 鍬ノ峰:

« ボランティア会場は超満員 | トップページ | 現地ボランティア »