« 山手線内一周ジョグ(南半分) | トップページ | クラス会 »

2011年12月 8日 (木)

PDAその後

GPS機能付きのPDAを購入したことは先日書いたが、その後の報告をします。

このPDAの最大の売りはカーナビと同じことができることにあるようだが、はっきり言って非常に使いづらい。まず行き先の登録が難しい。施設名、住所、電話番号等から検索できるのだが、一番簡単と思える電話番号で検索しても3年前の古い機種のためかなかなかヒットしない。

単なる市内地図としても、携帯電話とどっこいどっこいである。一番使いづらいのは、広域図に切り替えると現在地が消えてしまい、再度現在地確認を行うと、元の詳細図に戻ってしまうことである。地図機能としては携帯の圏外で使用すると考えた方がよいかもしれない。元々の購入動機が山で道に迷った時の現在地確認の手助けだったのだから。ただ登山用GPS専用機に比べてバッテリー稼働時間が非常に短いという弱点があるのだが、これについては携帯用の充電器を注文したので、届き次第、その効果を試してみたい。

次にこのPDAの特徴としては無線LANの機能があるのだが、外出先でテストしても拾える電波はセキュリティのかかったものばかりで、フリースポットで試してないので、まだ効果は検証できていない。ただ自宅のPCに無線の発信機をとりつけると、このPDAがネットにつながることは確認できたので、プリペイドの無線LAN利用カードを購入して外で試してみたい。ネットやメールも通常は携帯で用は足りるのだが、添付ファイルがあると自分の携帯では読めないのには困っていた。ソフトバンクのプリペイドならばほとんどのマグドナルドで利用可能なので、外出中のメール確認は通常は携帯で行い、添付ファイルをその場で見る必要がある時はマックに入って無線LANで添付ファイルをダウンロードして確認するという使い分けができるので、PCを携行する必要はほとんどなくなるだろう。

ここで一つ問題が発生したのは、エクセルやワードの機能はこのPDAに内蔵されているのだが、PDFには対応していないことであった。そこでAdobeのサイトからPDA用のアクロバット・リーダーをダウンロードしてインストールしたのであるが、起動してもそのまま自動終了してしまい、PDFを表示してくれない。ネットで調べると、一部のファイルを入れ替えると正常に表示するとのことであったが、やってみてもうまくいかない。困ってしまったが、ネットで調べてみると、他社のソフトであるが、PDFを読めるというものがあり、早速インストールすると、うまく表示できて一件落着となった。

昔はPCやPDAにいろいろなフリーソフトを組み込んで遊んでいたものの、最近はできあいのソフトしか使わなくなっていたのだが、ひょんなことから、フリーソフトとまたつきあうようになってしまった。山の上ではGPS専用機、下界ではスマホ全盛の時代にあって、ひねくれ者の自分は携帯とPDAでどこまでできるか頑張ってみたい。

|

« 山手線内一周ジョグ(南半分) | トップページ | クラス会 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: PDAその後:

« 山手線内一周ジョグ(南半分) | トップページ | クラス会 »