« 年の初めに思うこと | トップページ | 待ち人来たらず »

2012年1月 3日 (火)

年末年始の歩き(走り)旅

昨年に引き続き、今年の年末も家内の実家で正月を過ごす前に寄り道して街道歩き等を行うことにする。

親子バラバラに出かけることになるが、真ん中の日に出る私はムーンライト信州で松本経由である。夜行電車は久しぶりだが、夜行バスに比べると自由に移動できて圧迫感がないのがよい。

早朝の松本駅で2時間ほど始発を待って、前回の到達点の贄川に7時過ぎに着く。ここ贄川は木曽福島の本関所に対して副関所の役割があったそうで、いよいよ木曽の山中に入ってきた感を深くする。

Photo

このあたり一帯は漆器が特産ようで、漆塗の工場やお店がたくさんある。やがて奈良井の宿に着くと、昔の家並みがずっと続いている通りに出る。東海道の油井の宿あたりも昔の家並みがかなり残っているが、こんなに規模の大きいのは初めてである。資料館もあったが、残念ながら年末年始はお休みだそうである

Photo_2

奈良井の宿を抜け出た先で鳥居峠に向かう道が分かれる。鳥居峠は中山道では和田峠、碓氷峠に次ぐ難所とされているので、

それなりの覚悟をもって臨んだが、雪道で多少歩きにくかったものの、特別の苦労もなく峠に立つ。ここまでは塩尻市であるが、ここから先は本当に木曽山中である。イアホーンから流れる葛城ユキの「木曽は山の中です」のメロディが雰囲気を盛り上げる。

Photo_3

峠からは1時間ほどの下りで藪原に着く。ここから先は二つ目の原野までは以前に別のプロジェクト?である「日本海から太平洋までの日本アルプス縦断」の際に歩いているので電車でスキップするつもりだったが、なんと電車が2時間に1本しかなく、次の電車まで1時間半も待たなくては」ならない。ちょうどお昼時でもあるので、道の駅に立ち寄って昼食をとることとする。

メニューは豊富で迷ったが、先月の秩父巡礼で立て続けにまずい蕎麦を食べさせられて上手い蕎麦に飢えていたので、本場の信州ならば上手かろうと天ぷら蕎麦を注文する。ところが、これが秩父にわをかけたまずさでガッカリする。上手い蕎麦に対する飢えはまだまだ続きそうである。

道の駅でゆっくりしてから電車に乗り込み、原野で下車。ここから木曽福島までは5キロほどの道のりである。左手には雪を被った中央アルプスの峰々が眺められる。昔、名古屋に住んでいたころは季節を問わず訪れたところで、とても懐かしい。

その先には中山道中間点の碑があった。やっとという思いとまだ半分かという思いが交錯した。東海道は53次だが中山道は69次もあるのである。

Photo_4

やがて山も見えなくなり、退屈な歩きとなってくるが、セットしてある音声ナビに従ってあるけばいいので楽なものである。もっとも、一本道で迷うような所ではないが。

木曽福島駅近くまで来ると、福島関の資料館がある。寄らないわけには行かないが、ゆっくり見学していると、次の電車に間に合わなくなりそうで、どうしたものかと思っていると、幸か不幸か休館日だったので、そのまま駅に向かい、予定の電車に乗り込む。まだ4時前で歩き足りない気もするが、家内の実家の夕食に間に合うためには、今日はこのあたりで打ち止めとせざるをえないのである。

Photo_5

元日の親類顔合わせも終わって自宅に帰ることになるが、せっかく名古屋まできたのだからと、少し足を伸ばして京都まで出かけて日本縦断徒歩旅行の続きを歩くことにする。前回は2年半前に東海道の終点である京都三条大橋までは歩いており、一方、それとは別に六甲全山縦走もしているので、三条大橋から六甲の東側の甲陽園まで歩くと、一挙に神戸の須磨まで繋がるが、なにしろ60キロ近くもあるので、走りをまじえても一日ではちょっと無理かもしれない。

朝、箱根駅伝1区のトップ終了まで見てしっまったこともあり、三条大橋に着いたのは2時近くになってしまった。軽く食事をとってから、高瀬川沿いに南下。しばらくは行楽客で賑わっていたので、走ることは控えていたが、人影もまばらになってきたあたりからジョギングを開始する。

Photo_6 三条大橋

Photo_7

GPSのナビを使っているので道に迷うことはないが、いつまでたっても京都府を抜け出せないので気分的に少々あせる。時間的に甲陽園までは無理とナビの目的地を茨木に変更する。

やがて気づかないうちに大阪府に入り、JRの高槻駅が間近となってきた。高槻駅で終了してしまいたい誘惑にも駆られたが、なんとかこらえて茨木まで行くことにする。ナビとにらめっこしながらやっと茨木まで着いたが、なにかおかしい。JRの駅にセットするつもりが阪急の駅にセットしてしまったのだ。JRの駅はさらに西に1キロ半行った先であった。今日はここがゴールと駅前の居酒屋で祝杯をあげる。この続きは今年のGWで四国まで足を伸ばしたいと考えている。

|

« 年の初めに思うこと | トップページ | 待ち人来たらず »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 年末年始の歩き(走り)旅:

« 年の初めに思うこと | トップページ | 待ち人来たらず »