« 走り初め | トップページ | 復興ファンド »

2012年1月 7日 (土)

今年の目標

松の内も明けようとする時期になって遅まきながら今年の目標を書いてみたい。

今年の最大のイベントは7月から8月にかけて予定している自転車によるロッキー山脈横断である。単に横断するだけでなく、山脈の西ではクライマーの聖地であるヨセミテでのクライミング、ロッキーを越えた後ではデンバー郊外の高橋尚子らがトレーニングしたランナーの聖地であるボルダーでランニングも楽しもうというプランである。

この計画の困難な所としては、まずはヨセミテに行くまでに高速道路を通っていかなければいけないらしいということである。時速150キロ以上のスピードで走る車の横を通って行くのは日本では経験できない恐ろしさだと思う。次にネバダに入ってからの灼熱地獄である。ネットの記録では一日12リットルの水が必要だなどとも書いてあったが、私はネバダの北部を通るつもりなので、それほどではないことを願っている。肝心のロッキー山脈越え自体は標高差1000メートル以上の峠越えをいくつか行うらしいが、これは日本でも経験できることなので、それほど心配していない。むしろ、全コースを通じていえることだが、アメリカの治安の悪さが心配である。地図やネットの情報でキャンプ場やモーテルは調べておき、一日の行程を100キロ以内に抑えるつもりだが、予定どおりに行かなかった場合、日本ならば適当な所にテントを張ってしまうが、アメリカでは下手な所でキャンプするとピストルを打ち込まれかねないそうなので、下手な英語で住人にテント設営の許可が得られるかどうかがやっかいだ。

クライミングの分野ではガイド山行ではあるが、ヨセミテでのクラックのマルチピッチ、そのトレーニングとしての西伊豆のスーパーレインを予定している。ヨセミテのトラディショナル・ロング&フリーをたとえ入門ルートのナットクラッカーであれ登れば、無酸素8千メートル、アルプスの大岩壁に次いでアルパインクライミングの目標は一応達成したことになるので、アルパインからは足を洗ってもいいかなという気がする。

フリークライミングの外岩ではもう一度、ルートでのイレブンとボルダリングの3級を登りたいという気持ちはあるが、多分もう無理だろうな。ジムでのクライミングは半分遊びのようなものなので、当分は続けるつもりだが

ランニングの方も足の故障で満足に走れる状態ではないのだが、ボストンマラソンの参加資格である4時間以内を目指して、3月の荒川と4月の長野で頑張ってみたい。

他の予定で今年中にある程度目途がたちそうなものをあげると、「河口から源流を目指す旅」としては信濃川と大井川がある。また大井川下流を太平洋まで歩ければ、40年かけて歩き続けてきた「日本海から太平洋まで日本アルプル縦断」も完結することになる。日本列島縦断徒歩旅行も今年中には九州まで到達したいし、100名山も80山台に乗せたい。また家内と過去2回出かけて失敗しているオーロラ観測も3月のアイスランド・グリーンランドではぜひ成功させたい。

その他にも完成はまだまだ先のことになりそうだが、JR全線乗車、関東県境踏破、中山道踏破、日本列島海岸線一周、各県最高峰登頂なども少しづつ行っていきたい。まあこうやってみると、今年も忙しくなりそうだ。どうも趣味が本業で仕事が余暇になりそうだが、こんなことが出来るのも、健康であることと、家内の理解があることなので、両方に感謝を表したい。

|

« 走り初め | トップページ | 復興ファンド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の目標:

« 走り初め | トップページ | 復興ファンド »