« 年末年始の歩き(走り)旅 | トップページ | 走り初め »

2012年1月 4日 (水)

待ち人来たらず

正月明けの仕事始めの前の一日を伊豆の城ケ崎でクライミングを楽しんだ。

パートナーが見つからず一人で出かけるが、ひょっとして静岡の友人が来てくれるかもしれないと思って誘いのメールだけはしておく。

前回同様、フナムシロックに向かうが、何パーティかがすでに来ていた。北の岩南面をアップに登ろうとしたが、ルートは彼らに占拠されていたので、誰もいない南の岩に取りつく。前回結構苦労したフェースを登るが、ホールドがわかってしまっているので、今回はスムーズに登る。次は右側の幅広のクラック(岩の割れ目)である。途中、中に入りすぎて進退窮まりかけたが、外側に移動すると、しっかりとした手掛かりがあり、安定して登りきることができた。その次は三ツ星の人気ルートであるパープルシャドウを狙う。技術的には難しくはないのだが、単独のためロープを上から固定して登るスタイルだと、途中斜めに登るところが落ちると大きく振られるのでチョー怖いのである。そのためロープをルート上に沿って這わせずに上の支点からかぶり気味の壁をまっすぐ垂らすようにしてみたが、まっすぐ登るのは結構難しく、途中でロープにぶらさがってしまったが、一度壁から離れてしまうと壁に戻ることが出来ず、足を乗せる輪をロープにからませながら上まで上がってしまった。リードして登る分にはさほどのことはないであろうが、独りで登るとなるとなんとも登りにくいルートである。

ここでお昼となったので食事をしながら友人からのメール返信をチェックするが、返信はなくどうも今日は来ないようである。

午前中は混んでいた北の岩南面も空いたようなので順序は逆となるが、そちらに移動して3本のクラックを登る。アップに使われる岩場だけあって簡単なルートばかりであったが、今の自分にとっては難しいルートでアドレナリンを出しまくるより、こういった簡単なルートを余裕をもって登る方が好ましく思えてくる(堕落したのかな?)

時間はまだ2時をまわったばかりであったが、北の岩南面はめぼしいルートは登りきってしまい、この時間では友人も来ることはあるまいと岩場を後にする。

|

« 年末年始の歩き(走り)旅 | トップページ | 走り初め »

フリークライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 待ち人来たらず:

« 年末年始の歩き(走り)旅 | トップページ | 走り初め »