« GPS付きPDAの海外での利用 | トップページ | 札幌雪まつり »

2012年2月 4日 (土)

青梅調整失敗

青梅マラソン30キロを2週間後に控えてコースの試走に向かう。せっかくだからとクライミングシューズも持参するが、ボルダリングの関心はほとんど薄れてしまったので、適当にお茶を濁すことになるだろう。
案の定、予定していたエリアが日が当たらず岩が冷たかったので早々に切り上げて、試走に移る。
さすがに本番間近ということで大勢のランナーが走っている。自分も5キロくらいまでは気持ちよく走っていたが、だんだんと右足の親指の裏が痛くなってきた。カーッと熱くなる感じで耐えられない痛さではないが、カウンターブローのように効いてくる痛さである。知らず知らずに故障持ちの左足に体重がかかっていたのだろう。今度は左足の故障箇所に鈍痛を感じるようになってきた。「ヤバい!右足にちゃんと体重をかけなくっちゃ」と、靴下を脱いで親指を冷やすと、しばらくは痛みは引くのだが10分も走っていると、また痛くなってくる。
とうとう15キロ近くでリタイアして荷物のある出発点まで歩く羽目に。親指の裏をよく見たら水がたまっているようだ。水を抜けば多分良くなるのだろうが、試走以前の問題として足を治すことが先決だ。はたして本番ではどうなることやら?

|

« GPS付きPDAの海外での利用 | トップページ | 札幌雪まつり »

走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 青梅調整失敗:

« GPS付きPDAの海外での利用 | トップページ | 札幌雪まつり »