« 石狩湾を歩く | トップページ | 青梅マラソンワースト記録 »

2012年2月14日 (火)

北海道最終日

今日は朝里までの25キロ弱の比較的短い行程だが、帰りのフライトに乗り遅れると大変なので、早目にホテルをでる。石狩支庁まではバスに乗り、そこから歩き始める。
昨日は夜遅くまっ歩いたせいか、左足の捻挫の後遺症が痛んで、最初のうちは足ひきずるようになる。毎度のことでじきになおるはずなので、騙し騙し歩き出す。
昨日までとはうってかわった春の陽気で、すぐに羽毛服は脱いでしまう。といっても足元の氷が溶けるほどではないので、相変わらず何度も滑りそうになってヒヤリとする。
今日の行程は前半は石狩平野の郊外を行く単調なコースである。雪を積んだトラックが次々に通って堆積場に運んで行く。雪国の生活の大変さを垣間見せられたが、まあ瓦礫と違って、春になると溶けるのだから、これも季節の風物詩といったら叱られるかな
昼過ぎに銭函に着き、石狩湾がまた間近に見られるようになる。

Cimg3181

駅前の食堂で海を眺めながら、刺身定食を食べる。昨日はコンビニで暖めてもらった弁当もたちまち冷えてしまう寒気にふるえながら食事をしていたのとはえらい違いだ。

Cimg3183
食後はゴールの朝里を目指して歩きだす。9キロ程度なので、ゆっくり歩いても問題ないのだが、ゴールが間近だと思うとついつい急ぎ足になってしまう。
そうこうするうちに、見覚えのある朝里不動尊の停留所に着く。

This_year 今回のゴール                         

Last_year昨年の写真

一昨日の大雪によるバス運休がなければ、歩き残したところは全部繋がったのだが、再度残してしまった部分は来冬にでもまたチャレンジしよう。

|

« 石狩湾を歩く | トップページ | 青梅マラソンワースト記録 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北海道最終日:

« 石狩湾を歩く | トップページ | 青梅マラソンワースト記録 »