« 泥船と難破船 | トップページ | じっと我慢の時 »

2012年3月 3日 (土)

ロッキー自転車横断計画を詰める

仕事の方が一段落着いたので、今夏のロッキー山脈自転車横断の行程の検討をしてみた。

まずはサンフランシスコからヨセミテまでの約300キロは1本道で選択の余地はないようなのだが、問題は一部ハイウェーを通ることになるのだが、アメリカは日本とは違って、自転車通行が出来るところと出来ないところがあり、そのあたりは現地へ行ってみないことにはわからないことである。通行不可のところは多分迂回路があるだろうが、ハイウェーを行くのは恐いので、多少遠回りでも迂回路を通って行きたい。このあたりの詳しい情報は出発までにはなんとか入手したいものである。

ヨセミテで数日クライミングを楽しんだ後、デンバーを目指して東進するのだが、距離的には下の地図の破線の部分経由で行くのが近いものの、途中の街も少なく、かなりの峠越えもしなければならないので、遠回りではあるがリノ経由の実線部分を行くのが無難であると思われる(ラスベガス経由の南回りの道もあるが、夏は灼熱地獄だそうで、問題外である)。リノから先は鉄道に沿って行けることも、いざという時のエスケープを考えると心強い。

Photo

ソルトレイクまで来ると、走行距離は約1500キロで全行程の3分の2弱である。デンバーまでは更に800キロ以上もある。ルートは北回りと南回りの二つあり、いずれにも鉄道が通っていて距離的にもあまり変わらないが、南回りの方が峠越えが大変そうなので、多分北回りを選択することになりそうだ。ただそれ以前の問題としてデンバーまで行く気力体力が残っているかどうかである。ロッキー山脈横断というからにはデンバーまで行かないと完全制覇とはならないが、ソルトレイクまで自転車で行き、後はデンバーまでは鉄道で行くというのも、今の体力からするとありかなとも思っている。まだ出発までは十分時間があるので、じっくりと準備を進めていきたい。

|

« 泥船と難破船 | トップページ | じっと我慢の時 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

Vibramさん
ご無沙汰しています。
ロッキー山脈横断計画拝見しました。
自転車で横断するだけでもすごいのに、ヨセミテでクライミングまでやっちゃうんだからスケールでかすぎですねー。

荷物とかもかなり重たくなるので、ロードバイクよりもランドナータイプの自転車で行くのでしょうか?

いずれにしても、今後の計画の進め方に目が離せなくなりました。
応援しています。

投稿: Nob | 2012年3月 5日 (月) 08時27分

Nobさん、ケガの具合はどうですか。自転車骨折事故の先輩?として言わせてもらうと、骨折には特効薬はなく、ただ日時のたつのを待つしかありません。その間は体力が落ちないように他の運動も行うことも肝要です。私の場合にはリハビリと称して丸山東壁を登りに行ったりしてたので論外ですが。

準備の方ですが、今は寒いので自転車には乗っていませんが、4月からはヒルクライムを開始し、6月には宗谷岬から釧北峠経由で釧路まで、さらに信濃川を遡行して三国峠を越えて荒川下降などを計画しています。

クライミングの方も今は自宅の室内ボードが中心ですが(やりすぎて、腰を痛めてしまい中断中)、今後は城ヶ崎や海金剛に通ってクラックの練習に励み、エルキャピタンのイーストバットレスあたりは登りたいと思ってはいますが、どうなることやら

準備の過程はブログでも順次公開していきますのでお待ちください。

投稿: vibram | 2012年3月 5日 (月) 11時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロッキー自転車横断計画を詰める:

« 泥船と難破船 | トップページ | じっと我慢の時 »