« 都内激坂巡り | トップページ | 礼文島にて »

2012年6月16日 (土)

野田首相は操り人形か?

野田首相の消費税増税と原発再開への対応についての無定見ぶりには全く呆れ果ててしまう。
もちろん日本の財政再建のためには消費税増税が不可避であることは当然であるが、それには行財政の改革等の国の基本政策の枠組みと併せて考えるべきであるのに、懸案を全て先送りして増税ありきで突き進むのは、財務省の言いなりになっているとしかいいようがない。また民主党は消費税増税はしないということで政権をとったのだから、増税やむ無しとなった場合には国民に必要性を十分説明して、信を問うのが筋である。

原発再稼働については正当性は全くない。原子力は人間がコントロールできない悪魔である。たしかに電力不足は深刻な問題であるが、多くの試算を総合すると、節電努力と電力会社間の融通で最も深刻と言われる今夏の関西圏でも乗り切りは可能な見通しなのだ。仮に百歩譲って、限定的稼働が必要だとしても、限定稼働という方針はあくまで拒む野田首相は、原子力施設の減損処理による債務超過だけは避けたいという電力会社の意向を代弁しているとしか考えられない。国民のためといいながら、原発の限定稼働でなく本格的な再稼働に舵を切るのは論理矛盾としかいいようがない。国の政策に従ってきた電力会社をある程度救済する必要は認めるが、それには廃炉を前提として簿価以下の分割払いで国が買い取る等の方法によるべきだろう。

今日はいつものブログとは趣が異なってしまったが、言わずにはいられなかったのであえて書かせてもらった。

|

« 都内激坂巡り | トップページ | 礼文島にて »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野田首相は操り人形か?:

« 都内激坂巡り | トップページ | 礼文島にて »