« アメリカを自転車で走行していて驚くこと | トップページ | 久々の反原発デモ »

2012年8月19日 (日)

奥多摩水根沢

晩秋のような気候のサンフランシスコから猛暑の日本に帰国して、このままでは夏バテになってしまうと、涼しさを求めて近場の奥多摩に沢登りに行ってきました。

今回出かけた水根沢は小粒だがピリッと辛い、そんな印象の沢で、初級の沢の割にはとても楽しい沢でした。そのため大勢の入渓者を迎えていて、悪場では順番待ちとなるほどでした。
ほとんどの滝はロープなしで登れ、何ヵ所かのへつりでは補助的にロープを使用したが、本格的に使用したのは滝の側壁を高巻きしたピッチだけでした。
フィナーレとなる半円ノ滝はトヨ状に流れる水流の両側の壁を突っぱりながら登る楽しいところでした。
P1010015
ここから上は平凡な流れとなるため、通常は一般登山道まで上がってから下山するようで、駐車場までは30分くらいでした。

10時に水根沢出合先の駐車場下から遡行を開始したのに3時には駐車場に戻ることができ、避暑気分で行くには最適の沢でした

|

« アメリカを自転車で走行していて驚くこと | トップページ | 久々の反原発デモ »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奥多摩水根沢:

« アメリカを自転車で走行していて驚くこと | トップページ | 久々の反原発デモ »