« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

またまた日和田

台風接近で遠出が出来ないので、近場の日和田でクライミング
巾着田では五分咲きと聞いていた曼珠沙華だが、駅から岩場に向かう途中の日当たりの良い場所では満開に近い状態。
Photo
黄色やピンクのコスモスも咲き出して、一気に秋が近付いているようだ。

2週連続の日和田は今日も盛況で賑わっていた。こう人が多いと、もう少し人の少ない岩場に行きたくなってくる。西武線沿線のもう少し奥にある北川あたりをホームゲレンデとすべく偵察に行ってこようかなとも思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月29日 (土)

久しぶりづくし

今日は高尾の墓参りなのだが、高尾山にトレランしてから家族に合流しようと、早めに家を出る。何年ぶりかのトレランだったが、頂上まで45分もかかってしまった。ベスト記録27分(しかも陣馬往復30キロの途中タイム)は問題外だが、せめて40分は切れるように、しばらくは通ってみようか。
日中は30度近い暑さだったが、頂上ではわずかに紅葉していて「小さい秋見つけた」Photo
という気分であった。

 

墓参りの後はグジムに出かける。こちらの方もアメリカから帰って初めての久しぶりのジムクライミングであった。10Cでアップし、11Aを登ってから11Cにトライ。最初は途中でムーブに行き詰まるが2回目で解決。十分休んで満を持してトライ。核心も越えて完登かと思いきや、上部のところで、ホールドの握り方を間違えてあえなくフォール。もう一度トライすれば登れるであろうが、今日はもう持久力が回復しそうもないので、あきらめることにした。最近は比較的よく外岩を登っているので、クライミングの方はランニングほどは力が落ちてないようだ。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月23日 (日)

日和田岩トレ

久しぶりに日和田に行ってきました。
所沢あたりで雨が降ってきたので、今日はジムに転進かなと思いつつ高麗で下車すると雨は降っていない。岩場に着くと、岩もほとんど濡れてないので、こちらは降らなかったのかもしれない。

男岩の南面にトップロープを数本張って思い思いに登る。松の木ハングのダイレクトに登るルートは登ったことがなかったので登ってみるが、いい位置におあつらえ向きのホールドがあるのでとても登りやすい。10b/cはやや甘めか。

午後からは女岩西面に移って、まずは久しぶりの人工の練習。その後、左ルートを登るが、意外に苦戦してしまう。なんとか登りきるが、あやうくテンションをかけるところだった。こちらのグレード10bはちょっと辛い気がする。その後、久しぶりに10dの中央ルートにトライ。すっかりホールドを忘れてしまい、最後のところで痛恨のテンション。ちょうどロープが通過しているところがホールドになることに気付き、ロープをどけてホールドにすれば、足はステミングでもなんとか乗り越すことができた。もっと合理的なムーブもあるような気がしたので、次回もう一度やってみよう。

時間はまだ3時だったが、同行者もみな疲れ気味だったので、早めに帰ることにした。例年なら曼珠沙華のシーズンで見物客でごったがえす巾着田も、今年の猛暑のために開花が遅れているようで、近くを通っても静かなものであった。道端に咲きほこっていたコスモスとつぼみに混じって数本咲いていた曼珠沙華が季節の移り変わりを感じさせてくれていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月18日 (火)

GPS付きPDAの復活

アメリカ旅行の初っぱなから壊れて、行程に大きな影響を与えたGPS付きPDAがようやく修理から戻ってきた。基盤の交換によりアメリカ出発前の状態に戻っただけでなく、長らく不調だったPCとのリンクも正常になったので、これでSDカードを取り出してカードリーダーで読みとるという面倒な作業も不要となった。
Photo_3
本来なら、買って半年程度なので保証期間内で無料のはずだが、正規の流通経路を経ないでネットで安く買ったためか、中古品の扱いを受けて有料修理となってしまった。それはともかく、一時はスマホ乗換を真剣に考えたものだが、これで暫くはスマホは買い控えとなってしまいそうだ。

ところで、アメリカ旅行中にはGPS付きPDAが壊れたので、地図と磁石だけで四苦八苦していたが、日本に帰ってから携帯でもグーグルマップが利用できることがわかった。GPS付き携帯に買い替えた時にはドコモが提供する地図だけでGPSを使っていたので、外国では使えないと決めつけていたのだが、携帯のグーグルマップでもちゃんと海外の地図を表示できるのだ。
Pda

このことがわかってたら、あんなに苦労しなくて済んだのにと悔やんでみても後の祭りである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大井川源流

大井川源流は過去二回、源流に入ることなく失敗しているので、三度目となる今回は絶対に成功させたいという意気込みで臨んだ。

二軒小屋までは別コースを行く仲間のパーティーに同行させてもらう。伝付峠までの道は昨年、自転車で通った時と同じ荒れ具合で復旧はほとんど進んでいない。ただ真新しいペンキやテープによるコース表示はかなり行われているので、廃道にしてしまうつもりでもないらしい。
昨年は二軒小屋まで自転車で正味3日もかかったので、今回1日で行けるかどうか気がかりだったが、3時過ぎには到着し、幸先のよいスタートであった

二日目は、仲間のパーティーと別れて、単独で大井川源流を目指す。古い地図では林道が奥の方までつづいているようになっているが、実際はすぐに林道は消えて川原歩きが始まる。
しばらくは、これといった目標物もなく、GPSも持参してないので、現在位置が全くわからない。所々にガードレールが仰ぎ見えるので上がってみるが、伐採が盛んだった頃にはトラックが行き交いしたであろう林道も、崩落した岩石に埋まっている箇所が多くて歩きにくく、川原のほうが歩きやすいくらいだ。   
途中、数人の釣りびとに出会った後に、ダムに突き当たる。
右側は切り立った岩壁で最初からパス。左側は最初は土壁をトラバースすれば、ダムの上部に出られそうに見えたが、トラバース開始してすぐに危険を感じて引き返し、安全な樹林帯をトラバースするために上部に向かって登り出す。果たしてこれが正解で、正面からは見えなかったが、ダムに接して樹林帯の下までコンクリート壁が設置されていたので、たとえ土壁を突破してもコンクリート壁で行き詰まるところであった。この後はまた歩きやすいところを求めて徒渉を繰り返すだけの単調な川原歩きとなる。
次の顕著な目標は池ノ沢出合なのだが、谷が開けて広くなってきたので、地図から見る限りは池ノ沢出合はそう遠くないはずなのだが、一向に姿を現さない。
いつの間にか、激しい勢いだった水流が伏流となってしまっている。谷が急に開けたためだろうが、これでは炊事ができない。しばらくして再び水が現れたところキャンプ地とする。本日の最低限の目標とした池ノ沢出合までたどりつくなかったが、もう目と鼻の距離なので、明日にしよう。
別コースを行く仲間に焚き火で合図する約束をしたが、彼らが登っている蝙蝠岳は前山に遮られて見えないので、流木集めもせずに申し訳程度の焚き火でお茶を濁す。
P1010129

翌日は30分ほどで池ノ沢出合に着く。今晩到着するであろう仲間のパーティーを石文字で激励する。
次の目標は魚止の滝である。地図で見ると、流れが東に屈曲した所に滝があるようなので、屈曲点に近づくたびに期待が高まったが、何回目かにやっと魚止の滝が現れる。
P1010133
約15メートルほどの滝で、ローブをつければ右側から登れそうだが、今日はもちろん高巻きだ。左側の草付き伝いに行けば問題ない。昨日のうちにできればここまで来たかったのだが、それから見れば半日の行程の遅れである。次の目標は三国沢と名前を変えた本流と支流の乗越沢との分岐点である。ところがその分岐点がどうも判然としない。多分こちらが本流だろうと判断して進んでいくが、ひょっとして支流に迷いこんだのではないかという不安が拭いきれない。ところが進行方向のはるか前方にはゴールとなる稜線直下のトラバース道が見えて、ルートに間違いないことを確信する。
沢は次第に傾斜を増し、水流も細くなってくる。そしてついに大井川の最初の一滴となる地点に到達する。
Photo_2
しばらくは崩れやすいルンゼを登っていくが、やがてハイマツ帯の中に吸収されていく。1時間ほどのハイマツ漕ぎを終わると、トラバース道に出て、大井川源流の遡行は終わりとなる。
Photo
時間は夕方になっており、今夜は農鳥小屋のキャンプ場しか選択肢がないので、小屋に向かう。キャンプ場は3連休のため満員に近い状況であった。

最終日はテントをたたく風雨の音で目が覚める。九州に接近中の台風の影響だそうなので、早いとこ下山した方がよいと暗いうちから登り出す。東側から風雨が吹き付けるが、それほどのことでもない。考えることは同じで、下の方ではライトの列が点々と連なっている。
ここを登っているほとんどの人は白根三山縦走なので、これからのコースは3千メートル2座を登る後半のハイライトに違いないのだが、自分にとっては何回も登っている山だし、今回の場合は単なる下山路としての意味しかないので、早々と済ませてしまいたいところだが、若い時の捻挫の後遺症で二日目から足が痛み出してペースが上がらず、抜かれっぱなしになる。最終バスまでは十分時間があるので、マイペースでゆっくりと登っていく。
大門沢の下降点から少し下って樹林帯に入ると、風の影響を受けなくなって楽になる。
奈良田に着くと、最終バスまで2時間近くあったので、町営の温泉に入り、ビールを飲んで時間を過ごす。

大井川源流は沢登りというよりも沢歩きの領域に属していて、登攀的要素を求めるとガッカリするが、太古の匂いに満ちた奥深い自然を楽しみたい人にはうってつけである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

天王岩 岩トレ

天王岩に岩トレに行ってきました。
午前中は下の岩場で4本のトップロープを張り、午後は上の岩場で2本のトップロープを張って全員で楽しく登りました。木立に囲まれた岩場で夏でも暑くなく快適に登れました。

私自身が久しぶりのクライミングで簡単な所しか登りませんでしたが、これから徐々にエンジンをかけていきたいと思います。

20120909

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月 3日 (月)

三陸を行く

大人の休日パスを利用して、日本海岸線踏破の旅の前回の続きとして気仙沼から三陸海岸を北上してきました。
今回は津波による惨状を家内にもぜひ見てもらいたい(本当のところは、同時代を生きた日本人は見る義務があるというべきか)と、渋る家内を無理やり連れ出す。三陸内の移動は私は自転車、家内はバスと鉄道なので、普通ならば移動時間に違いが出過ぎるのだが、幸か不幸か、三陸鉄道等の不通による代行バスは本数が少ない上に接続も悪いため、移動時間にはさほど差が出ない結果となって好都合であった。
半年ぶりに来た気仙沼は歩みは鈍くとも漁業施設を中心に着実に復旧に向かっている様子が見られた。ただ中心部を外れると、未だに船が陸上に打ち上げられたままになっていたりしており、完全復旧までの道程は遠いようである。
Photo
これに対して陸前高田や田老町などは街全体が壊滅状態のままで復興の手がかりは全く見いだせないようである。有名となった陸前高田の一本松も近々撤去されて、原型は今回が見納めになるようだが、それを機会に一歩でも復興に踏み出してほしいものだ。
Photo_4
Photo_5 
三陸北部の浄土ヶ浜はだいぶ昔に一家4人で来たことがあるが、景観自体は昔のまま残されていたようでホッとした。
Photo_6
浜辺のレストランで浄土ヶ浜カレーを注文する。特産の海の幸でも入っているのかと思ったら、下の写真のような形をしたカレーであった。浄土ヶ浜に見えますでしょうか
Photo_3
最終日は津波の被害地を離れて内陸部の龍泉洞に行く。鍾乳洞は奥多摩で何カ所かに行ったことはあるが、さすが日本三大鍾乳洞というだけあってスケールの大きい物であった。
Photo_7
近くでは夏祭りの最中で津波の災難を吹き飛ばすような地元民のパワーが炸裂していた。
Photo_10
龍泉洞の帰りに近辺の有名な岩場を見物するが、シーズンオフのためか誰も登っていないようであった。
Photo_8
再び海岸線に戻り、津波で寸断された三陸鉄道北リアス線の田野畑駅に向かう。ここから北部の路線は今春、ようやく復旧されたが、ここから南部は鉄橋が完全に破壊さrたりして、復旧には今しばらく時間がかかるようである。鉄道はここから山の中をトンネルでくぐって行くが、鉄道と離れて海岸線沿いに北山崎に向かう。
Photo_9
海岸線は複雑に入り組んでいる上にアップダウンも激しくて予想外に時間がかかり、予定していた久慈以北までは行けずに途中で三陸鉄道に乗って帰ることになってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »