« 日本縦断徒歩旅行( 四国遍路編) 最終日 | トップページ | 谷川岳クライミング 後半 »

2012年10月16日 (火)

谷川岳クライミング 前半

本格的なアルパインからは足を洗ったつもりだが、入門ルート程度ならば、年に一回くらいは楽しみたいと思っている。本チャン駆け出しの頃に登らなかった入門ルートは、その後は登る対象とは考えなかったので、いくつかの魅力的なルートが 残されたままとなっている。こんなルートのなかから、今回は幽ノ沢V字右と一ノ倉沢2ルンゼを選んでみたが、後者は諸般の事情から中央稜に変更されることとなった。
初日は指導センターを6時に出発し、途中の一ノ倉沢出合にテントを張ってから7時に幽ノ沢に入る。30年以上前に中央壁を一度登ったことがあるが、その時はアプローチが大変だったという記憶は全くなかったので、そんなものかと思っていたところ、今回はいきなり沢登りとなってしまう。一応、沢靴は用意していたが、クライミングシューズしかないと、かなり大変な目にあっただろう。ただ沢靴があれば万能というわけではない。沢に入って間も無く、斜面の一部が濡れているトラバースでは、沢靴を履いていてもビビってしまって、中間支点まで到達できない有様である。やむをえず、ブッシュ沿いに右上し、上部の灌木を支点に右下に降りて難所を突破した。前回はそんな苦労した記憶がないので、岩が乾いていたのだらう。
ちょうど上部で支点のセットしている時に、2人のクライマーが降りてくる。二俣で天候待ちしていたが、回復の見込みがないので、明日また出直すとのことである。天気予報に反して雨が降ったり止んだりだったが、我々は前進することにする。多分、幽ノ沢は貸し切りになるのであろう。
沢登りを続けるうちにカールボーデンに着くと、雨もやんでいた。前回は中央壁だから、右又リンネの左のリッジを登ったが、今回は右又リンネの右のV字壁に続くスラブを登るものと思い込んでしまった。
確保点には支点はあるものの、中間支点は、ポピュラーなルートにもかかわらずほとんどないので、変だと思いながら登っていく。次のピッチになると、外傾スラブとなって難しさが増してくるにもかかわらず、中間支点が全くない。おかしいと思ってトポをよく読み直して見ると、右又リンネの左のリッジを登って、中央壁右フェースの取り付き点から右又リンネを横切って、V字壁の下に出るとある。やはりルートを取り違えたのだ。1ピッチ懸垂で降りてから左のリッジに移るが、かなりの時間ロスをしてしまった。さすがに左のリッジはそこそこの支点あったが、右にトラバースする地点が判然としなかった。トポではⅢ程度なので簡単なはずなのだが、どうも難しそうなところばかりである。ひとつだけ可能性があるところが見つかったが、時間も3時近くとなり、今日はこれで限界と下降することにした。
Photo_2下降開始点から見たV字岩壁

下降の支点も乏しかったり、貧弱なところが多く、ハーケンも三本使用してしまった。三人で懸垂でおりると結構時間がかかり、いつのまにか暗くなってしまう。登りではロープを使用しなかったところでも、暗闇の下降となると、安全を期して懸垂となって余計に時間がかかってしまう。
最後の難関は下降気味のトラバースである。朝出会ったパーディーが使用していた支点を探してようやく見つかったが、そこに達するまでが濡れていてトラバースが難しい。その上部の乾いたところをトラバースしたあとクライムダウンしてやっと支点にたどり着く。お助け紐を垂らして、他のメンバーにもトラバースしてもらう。トラバース気味の懸垂は中間支点を利用して無事降りる。
その後 一回懸垂してからはナメ状のスラブ下降さらには普通の河原歩きを経て、ようやく林道にでる。テントに戻ったときは、日付は翌日となってしまった。

|

« 日本縦断徒歩旅行( 四国遍路編) 最終日 | トップページ | 谷川岳クライミング 後半 »

アルパインクライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳クライミング 前半:

« 日本縦断徒歩旅行( 四国遍路編) 最終日 | トップページ | 谷川岳クライミング 後半 »