« 谷川岳クライミング 前半 | トップページ | 天王岩 »

2012年10月16日 (火)

谷川岳クライミング 後半

昨夜は遅くまで行動したので起きるのが6時過ぎとなってしまう。出発も7時過ぎと、一ノ倉の本チャンをやるには遅すぎる時間だが、過去4回も登っている中央稜で状況もある程度わかっているので、遅くなったらいつでも退却するということでテントを後にする。
Photo_3 出合からの一ノ倉沢全容

過去に一ノ倉を登ったのは、ほとんどが雪渓通しに行ける時期で、秋に行くのは数回しかないが、その時は対岸からテールリッジ目指して、嫌らしいクライムダウンをしていった記憶があるので、できればそのルートは取りたくなかった。そこで今回はヒョングリの滝経由でいってみることにした。
固定ロープがテールリッジの所まで繋がっており、これならば問題あるまいと、一ノ倉デビューとなるOさんに先行してテールリッジを登りだしてしまう。その時、今回は回避したルートから懸垂で降りてくるパーティーに呼び止められて、Oさんが身動きできなくなっていることを知る。固定ロープ沿いに登っていれば、そんな状況になることは考えられないのて、落石にでもやられたかと、ザックを置いて、あわてて戻っていく。すると、二本ある固定ロープのうち、短い方を登りきった後、長い方のロープに移らずに直上したために進退極まったようである。ロープを投げて脱出してもらい、それより先は固定ロープにカラビナをかけてコンテで進むことにした。
テールリッジの下部2ピッチは安全を期してスタカットでいく。デポしたザックを探しながら登るが見つからず、一度戻って漸く見つかる。落ちないように岩の割れ目に突っ込んだために、登り返した時には見えなかったようだ。
樹林帯をしばらく登ってからテールリッジ上部にでる。昔は嫌らしいトラバースがあった箇所も、今は固定ロープがあるので、問題なく通過できる。テールリッジの最後の登りでは、Oさんはバテ気味で遅れがちになる。もうひと頑張りしてもらわなければいけないので、あえて言わしてもらう。「ここでばてるようでは本チャンをやる資格がない」と。
なんやかんやあったせいで、中央稜基部に着いたのは12時を大きく回ってしまう。完登して北稜を下降するのは無理なので、途中から下降することになるだろうから、Oさんのザックはデポすることにした。南稜を登り終えて下山するパーティーから「ビバークするのですか」と聞かれるが、そんな気はさらさらない。
2ピッチ目(50メートルいっぱい伸ばしてきたのでトポでは3ピッチ目)までは問題なく通過したが、2時半となり、終電で帰るためのタイムリミットである。Oさんに意見を求めると、このまま登りたいということだったので、ルートの核心部に入る。昔は人工のピッチだったのでたいしたことはなかったのだが、ザックを背負ってフリーで登るとなるとやはり厳しい。とは言ってもⅤ程度である。ここでテンションをかけるようでは自分も焼きが回ったものである。Oさんも苦労して登ってくるが、時間は5時近くなっており、これ以上登ると、本当にビバークとなってしまうし、核心部を終えて、実質的には登ったようなものなので下降することにした。
3回の懸垂で烏帽子奥壁のトラバース道に降りる。同じ頃にもう少し奥壁よりからも4人パーティーが降りてくる。おそらくテールリッジ付近を登っている時にOさんの状況を知らせてくれたパーティーが中央稜の上部から降りてきたものだと思う。彼らは先に降りていってしまうが、我々は終電をあきらめているので、のんびりと降りていく。最初はクライムダウンしていったが、Oさんが暗くて足下がよく見えないというので、テールリッジは樹林帯を除き、懸垂で降りていく。ヒョングリの滝付近は登った時と違い沢通しに下ったので、だいぶ苦労したが、なんとか出合まで辿り着くことができた。Oさんには二日続けての深夜残業となってしまいご苦労様でした。

|

« 谷川岳クライミング 前半 | トップページ | 天王岩 »

アルパインクライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 谷川岳クライミング 後半:

« 谷川岳クライミング 前半 | トップページ | 天王岩 »