« またまた日和田 | トップページ | 日本縦断徒歩旅行( 四国遍路編) 第1日目 »

2012年10月 2日 (火)

イッテQ登山部

先日、イモトがマッターホルンを登るのを見たが、ヘタなドキュメンタリー番組よりはよっぽど面白かった。ヘルンリ稜はアリのように行列して登るというイメージがあり、もっと年をとってまともに登れなくなってから登りにいけばいいやという気でいたが、コンディションが悪いと、さすがに手強いルートになるようで、あのくらいなら登り甲斐もあるかなという気がした。

来年の夏は8千メートル、その次はエベレストとアナウンスされていたが、これでヒマラヤ=エベレストではないということが一般にも多少理解されればいいのだが(私の場合も何度も誤解されたが、訂正するのも面倒になって、そのままうっちゃってしまっていた)。ところで来年の夏というと、当然パキスタンということになり(ネパールはモンスーンで登れない時期)、パキスタンの8千メートルで最も登りやすいのが私が登ったガッシャーブルムⅡだから、当然、そこに行くことになるのだろう。なつかしいガッシャーブルムⅡがテレビで長時間見られるのかと思うと、今から待ち遠しくなってしまう。

|

« またまた日和田 | トップページ | 日本縦断徒歩旅行( 四国遍路編) 第1日目 »

高所登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: イッテQ登山部:

« またまた日和田 | トップページ | 日本縦断徒歩旅行( 四国遍路編) 第1日目 »