« お遍路〜九州その1 | トップページ | お遍路〜九州その3 »

2012年11月23日 (金)

お遍路〜九州その2

今朝は寝坊してしまい、出発が9時過ぎとなってしまう。今日も前回歩き残した所なので今治から南下するわけだが、同じく歩き残した57番から59番の札所をどう組み込むかが問題となる。58番の仙遊寺は標高300メートルの山の上にあり、三つの札所を結ぶコースは優に一日がかりのハイキングにも匹敵するものである。最初はレンタサイクルを利用することも考えたが、雨模様であり、本降りにでもなったら、傘をさしながら漕ぐわけにもいかないだろうし、やはり歩いて参拝した方が御利益もあるような?気がしたので歩いていくことにした。
57番の永福寺まではほぼ平坦な道だが、途中で食料を持ってきていないことに気付くが、まあ1食くらい抜いても、行動には支障はないだろうと、そのまま歩き続ける。
仙遊寺に向かう道はすぐに本格的な登りとなる。車が次々と通るので参拝者は多いようだが、歩いて登る人は皆無である。一人だけ自転車で来ている人がいたが、こちらが歩いて登っていると、優越感を感じてしまうのは妙なものである。
仙遊寺はちょうど紅葉シーズンで見ごたえがあった。
お遍路〜九州その2
59番の国分寺へは自動車を離れて遍路道を行くので、しずかは下りが楽しめる。途中にコンビニがあったので、弁当を買って遅い昼食をとる。
59番の国分寺には3時過ぎに着き、これで松山ー高松の札所25箇所は全部行ったことになるが、88全部を行くのはいつになることやら。
国分寺を出たのは3時過ぎだったが、まだ20キロ近く歩かなければならない。途中で宿に電話して宿の予約者をとったが、宿に着いたのは10時近くになってしまった。

|

« お遍路〜九州その1 | トップページ | お遍路〜九州その3 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お遍路〜九州その2:

« お遍路〜九州その1 | トップページ | お遍路〜九州その3 »