« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

2012年12月31日 (月)

中山道木曽路を越えて2日目


1日おいた大晦日に木曽路の仕上げをすべく、5時過ぎに出発する。今日はいい天気だと思っていたのに、野尻に着くとどんより曇っている。いつの間にか雪が降ってきて、妻籠に近づくにつれて激しくなってくる。妻籠は観光地だけあって、こんな天気でも結構、観光客がいるし、飲食店も開いている。そんな一軒に飛びこんて、熱いそばで冷えた体を暖める。
中山道木曽路を越えて2日目

宿場を抜け出ると、とたんに人がいなくなる。馬籠峠までは雪道の登り坂であるが、さほどの苦労もなく峠に着く。天気が良ければ、恵那山の展望が楽しめるだろうに、残念である。行政区画としては、ここから先は岐阜県で木曽路ではないはずなのだが、なぜか馬籠宿までを木曽路としているようである。
馬籠宿は少しの下りで着くことができた。まずは藤村記念館を訪れ、夜明け前の描写を反芻する。
中山道木曽路を越えて2日目
土産物屋で家内の実家への土産を買い、おやきで小腹を満たしてから、中津川へ向かう。3年がかりの木曽路もようやく終えることができ、次回からはいよいよ美濃路の旅がはじまることになる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年12月30日 (日)

中山道木曽路を越えて1日目


年末は家内の実家の名古屋に行くついでに中山道を歩くのか恒例となってしまった。今回は木曽福島がスタートだ。昨日降った雪がだいぶ積もっている。
木曽福島の関所は江戸幕府の四大関所のひとつとして有名で、昨年も立ち寄ったはずなのだが、あまり記憶にはなく、その間に島崎藤村の夜明け前を読んで、主人公がたびたび足を運んだ場所なので、もう一度いきたくなって逆もどりとなるが立ち寄ってみる。中山道木曽路を越えて1日目
雪に覆われた関所のたたずまいは一幅の墨絵のような趣があった。上松を目指して再び中山道の旅を続ける。上松までは約9キロもある長丁場であるが、白銀をいただいた駒ヶ岳が眺められ退屈することはなかった。昔、名古屋にいた頃は四季を問わずここから駒ヶ岳によく登ったものである。
上松宿は奈良井宿ほどではないが、昔の家並みが残っていて街道歩きが楽しめる所である。近辺には寝覚めの床、小野の滝等の見るべき所も多い。
この日は妻籠宿への登り口である南木曽までを予定していたが、結局8キロ手前の野尻までとなる。今日行けなかった今回のハイライトである妻籠・馬籠の旅は大晦日に予定している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月28日 (金)

再び反原発の灯を

反原発の高まりの中で、総選挙前には自民党以外の各政党は脱原発をうたっており、それが社会的コンセンサスを得られたもののように思われ、反原発のデモにもしばらく参加していなかった。ところが自民党が圧勝し、脱原発を主張していた維新の会も石原慎太郎に乗っ取られて、脱原発の声も聞かれなくなって、風向きがおかしくなってきた。ここは誕生して間もない安部政権に対して、反原発の意志を明確に表現する必要があるとの思いで、仕事修めの帰りに国会前の集会に駆けつけた。
さすがに、この寒空で雨まで降ってくる悪条件下では、以前のような人手は見られなかったが、参加者には共通して安部政権に対する危機感が強いことが感じられた。
こんな行動が果たしてどれほどの効果があるのかという気がしないでもないが、他に有効な方法が見あたらない以上は、この方法で意志を表明せざるをえないのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月24日 (月)

日本縦断徒歩旅行( 九州編) 最終日

日本縦断徒歩旅行(<br />
 九州編) 最終日
久し振り?にベッドに寝たが、体が野宿に慣れてしまったのか、3時過ぎに目が覚めたら、それからは目が冴えて眠れなくなってしまった。それでテレビをつけて見ていたが、気付かないうちに二度寝をしてしまい、朝食時間の時に目覚ましもかけてないのに目が覚めてレストランに直行する。バイキング形式だが、なかなか豪華な内容でしっかりと食べる。朝食をまともに食べるのも何日ぶりかの気がする。
食後は大急ぎで支度して、昨日の最終到達点である北川に戻るために駅に向かう。というのは、その列車を逃すと夕方までないのだ。

北川に戻ると、駅前に昨日置いておいた棒きれを拾い上げる。大分の山間部で杖代わりに拾い上げたものだが、長く使っていると愛着がわいて捨てられなくなってしまったのだ。
毎度のことであるが、歩き始めは捻挫の痕が痛み、引きずるような歩き方になるため、ペースがあがらないが、痛む部分の関節をある程度使っていると、痛みも軽くなり歩くスピードも上がってくる。

1時頃には延岡に戻り昼食に豚骨ラーメンを食べる。食後はすぐに歩き出したいところだが、実はひとつ予定があるのだ。それはお米屋さんが趣味で作ったクライミングジムを一般にも解放しているということをネットで読んだので、ぜひ寄らずにはなるまいと思ったのである。
場所はすぐにわかったが、休日の午後だというのに客は誰もいない。東京では考えられないことなので、最初は休みかと思ったが、扉を開けて声をかけると、奥からオーナーが顔を出して営業しているとのこと。他人に煩わされずに登れるのは良いことだと登っていると、オーナーは米の配達に行くということで留守番を頼まれてしまう。後の予定もあり、長居するつもりもなかったが、オーナーはなかなか帰ってこない。すると都合のよいことに子連れの客がやってくる。子供は登っている下を走り回っていて危ないし、すぐに退散するつもりだったが、そういえばまだ料金を払ってなかった。後から来たお客さんに聞いてみると、料金は500円で箱の中に入れておくそうだ。東京の相場の半値以下だが、生憎細かいお金がなかったので、千円札を入れて、半分は寄付ということにしてジムを出た。

明日は宮崎空港から帰京するのだが、その前に宮崎に嫁いでいて、ここ10年ほど会っていない姉を訪ねることになっている。ここから宮崎までは80キロ以上あり、次回以降のアルバイトになるので、今日多少頑張ってみたところでしかたがないと思いつつも、つい急ぎ足となってしまう。その時、今日はクリスマスイブであることを思い出す。家族で祝うことがなくなってから久しいが、今回の旅行がほぼ予定どおり終えられそうなことを祝って一人クリスマスとして、七面鳥の代わりにチキンのフライ、ケーキの代わりにスィートをコンビニで買って食べる。そうこうするうちに門川という駅に着き、ここを今回のゴールとして長旅を終えることにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月23日 (日)

日本縦断徒歩旅行( 九州編) その4


前夜のねぐらはホームの待合室で一応入口以外は壁に覆われていたので、一昨晩の校舎裏の吹きさらしよりも段違いに上等である。無人駅だから、最終が出てしまえば、静かな夜が約束されていると思ったら、どうも外が騒がしい。たくさんの保線作業の人が作業を始めている。彼らも私の存在に気付いたようだ。追い出されるかなと思ったが、ホーム上のことは彼らの管轄外のようで、私には無関心だったので、私も無関心を装って寝入ってしまう。早朝目覚めた時には彼らの姿はなかった。彼らのお蔭で安心して鉄道に乗れるのだから感謝しなくては。今日の行程はとりたてて見所のない退屈なコースである。強いて言えば、県境を越えて宮崎県に入れる(多分)くらいか
出発の時に駅前のスーパーがまだ開店していないのを知って焦る。コンビニじゃないのだから当たり前なのだがうっかりしていた。昨夜のうちにパンでも買っておけばよかった。隣の駅まで多分お店はないだろうから、しばらくの辛抱た。でも10キロも離れているんだよな。
今日は午前中には隣駅近くの食堂にたどり着き食事にありつける。当地名物の団子汁を注文する。うどん状にした団子を油揚げと野菜と一緒に味噌で煮込んだものだが、素朴な味で美味かった。
日本縦断徒歩旅行(<br />
 九州編) その4
お店の人がご飯のお代わりはただだからお代わりしていけと何度も勧めるし、朝昼兼用だからとお代わりしてもらったのだが、さすがに満腹となってしまい、しばらくは歩くのがいやになってしまった。
ちんたらちんたら歩き出すと思ったよりも早く宮崎県に入ることができた。日本縦断徒歩旅行(<br />
 九州編) その4
ここまで来れば目的の半分以上は果たしたようなもので、あとは時間の許す限り先に進むだけだ。
夕方に延岡北方の北川に着くが、駅近くにあった旅館は真っ暗で営業していないようで、他にはホテル等はないようなので、三つ先の延岡のホテルに泊まって、翌朝に北川に戻って続きを歩くことにした。
野宿が続いて体が冷えきってしまったので、ホテルは大浴場付きの所を選び、じっくりと体を暖めて鋭気を養い、明日の最後の行程に臨みたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

日本縦断徒歩旅行( 九州編) その3

日本縦断徒歩旅行(<br />
 九州編) その3
前夜はかなり雨が降ったが、庇のお蔭で濡れずに済んだし、いっぱい着こんだので寒くもなかったが、枕が変わると寝られない質なので(ウソウソ)、なかなか寝付かれす、ラジオを聞きながら寝ていたら、いつの間にか寝入ってしまい、目が覚めたらあたりはすっかり明るくなっていた。
朝食もとらずに(というよりもとれずに)歩き出す。1時間ほどで鍾乳洞に着く。食堂があるが、まだ営業をしていないので、先に鍾乳洞見物を済ませる。日本一美しい鍾乳洞という触れ込みだが、今年見た岩手の龍泉洞とはどっこいどっこいか。
見物を終えて外に出ても、まだ食堂はしまったままである。いつまでも待っているわけには行かないので先を急ぐ。その先にもいくつかのレストランがあったが、みな廃業している店ばかりである。ようやく食事にありつけたのはお昼を大きく回ってコンビニにたどり着いた時である。前日の夕方に山のなかでたまたま営業していたお店でチャンポンを食べられたから良かったものの、そうでなかったら24時間絶食する羽目になるところであった。
午後は当初の予定では海岸沿いに行くつもりであたが、それだと時間がかかりすぎるようなので、日豊本線に沿って走る10号線の最短コースを行くことにする。この辺りでは比較的大きな町である直川を今日の目的地と決めて歩き出す。直川には6時前には着いたので、駅前のレストランに入って、久し振りにまともな食事をしながら、付近のホテルをグーグルで検索すると、なんと歩いて1時間も離れたキャンプ場近くに旅館があるだけである。そんなところまで歩いて行くわけにはいかないので、今夜も野宿をすることになってしまった。ただ今夜は駅の待合室なので、昨日よりはだいぶ快適な一夜をすごせそうだ。さらに近くのスーパーで酒とつまみをしこたま買い込んだので、夜も退屈せずにすみそうだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月21日 (金)

日本縦断徒歩旅行( 九州編) その2


今日は佐伯までの予定だが、最短コースだと26キロ程度で1日のコースとしてはやや短すぎるように思えたので、遠回りではあるが、国宝の臼杵大仏や風連鍾乳洞を通る変化にとんだコースを通ることにした。ただ40キロ以上の長丁場となるので、1日で歩きとおせるか心配であるが、いざとなったら適当なところで野宿するだけである。その前に臼杵城址に立ち寄る。江戸時代の城主は歴史の表舞台には登場しない地味な大名であるが、臼杵城の前身の城は鎌倉時代から戦国末期まで北九州に君臨した大友氏の居城である。
城見物の後、臼杵大仏に向かう。途中、昨日のイチャモン事件が一件落着とのメールが入る。人騒がせなことである。それにしても旅行中でも、仕事に支障なく対応できるとは、ネットの威力は凄いものである。
臼杵大仏は中国から僧侶を招いて作ったそうである。本番の石仏とは比べるべくもないが、それなりに見ごたえのあるものであった。日本縦断徒歩旅行(<br />
 九州編) その2
そこから風連鍾乳洞までの道程は遠く、鍾乳洞の手前で暗くなってしまう。夜に鍾乳洞に行ってもしょうがないので、近くの小学校の建物の裏で一夜を明かすことにする。校舎は真っ暗で宿直はいないようだし、校門も開けっぱなしである。今回はテントや寝袋は持参してこなかったが、野宿するための最低限の装備はあるので、屋根があって雨に当たらず、建物の南側で北風から守られている今夜のねぐらは星三つというところである。惜しむらくは、学校前にある雑貨屋には酒を売ってなかったことである。やむをえず、今日は休肝日となってしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本縦断徒歩旅行( 九州編) その1

師走もおしつまり、世間では猫の手も借りたいほどの忙しさだというのに、悠長にも九州に徒歩旅行にきてしまった。
前回は松山から小倉まで船で渡ったので、本来は小倉からスタートすべきであるが、それでは旅程が長くなりすぎるので、前回までに歩いた高松から松山までのラインの延長線上にある大分をスタート地点にすることにした。
大分駅からは海岸線から少し離れたところを行くので海は見えない。ようやく海が見えたかと思った時には、海岸線を離れて半島横断の道に向かう。このまま海岸線に沿っていくと関サバ、関アジで有名な佐賀関だが、そこまで行っていると、ホテルを予約してある臼杵までたどり着けなくなってしまうので、ショートカットすることにした。余談だが、同じ漁場でとれても、商売上手な佐賀関に水揚げされると高く売れ、これから向かう臼杵に水揚げされると、半値以下になってしまうそうだ。
峠を越え、今夜のねぐらである臼杵が間近になった頃にお客さんから携帯に連絡があり、私が手掛けている仕事に関してイチャモンがつき、そのお客さんに損害が発生しそうだということである。突然のことであたふたとしてしまい、後で調べてから連絡すると答える。
ホテルに着くや否や無線LANからインターネットに接続して情報を集めだす。ところが今回はノートPCを持ってこなかったので、スマホやPDAでやってみたが、効率が著しく悪い。そこで近くにネットカフェでもないか聞きに行こうとフロントに行きかけると、そこにはPCが置いてあったので、これ幸いと使わせてもらい、問題点を整理して自分の処理にまちがいないことを確認して、お客さんにメールを出す。ここまでの作業で2時間以上を要し、臼杵名物のフグ料理店に行く時間がなくなってしまった。やむをえず、ホテル内のレストランで注文したのが下の刺身定食である。
日本縦断徒歩旅行(<br />
 九州編) その1
初日からバタバタとしてしまったが、やっばりこんな時期に旅行にきたのがまずかったかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月16日 (日)

広河原沢アイスクライミンク

広沢河原沢でアイスクライミンクをしてきました。初日は右俣クリスマスルンゼ、二日目は左俣を登りました。大勢で登ったので、だいぶ時間がかかりましたが、ほぼ予定どおり行動できました。氷の発達具合は今一つでしたが、シーズン初めのアイスとしては、まずまずの成果をあげられました。

Photo クリスマスルンゼ

Ootaki 左俣大滝

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 9日 (日)

モミソ沢懸垂岩

餅つき+宴会の翌日はモミソ沢懸垂岩で岩トレを行いました。
Cimg0231
フリークライミングのトレーニングを行う者、マルチピッチクライミングの基本を学ぶ者等、各人各様で時間を過ごしましたが、 私にとってはフリーで登るには易しすぎる岩場のため、アイゼンを着けての冬壁トレーニングをやりました。10人以上の大人数なので、ワイワイガヤ登り、お昼には昨日ついたモチを入れたお汁粉を食べるなどして楽しく登りました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

餅つき

餅つき
餅つき
山の仲間と丹沢の麓に餅つきに行ってきました。普段やりつけないことで、少し要領がわかりかけた頃には終わってしまいました。後は秦野市の宿泊施設で楽しい宴会で、早めの忘年会でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 6日 (木)

Windows8にしたけれど

Windowsは長らくXPを使用してきたが、軽くて起動の速いウルトラブックの魅力を感じて購入し、Vista,7を飛び越して一気に8まで進んでしまった。で8になってなにか便利になったかと言うと思い当たるものがない。起動はたしかに早いが、かなりの部分が、ウルトラブックのお蔭だろうし、逆に8のデメリットの方が目立ってしまう。たとえば、デスクトップのIEからはヤフー地図が表示されず、タッチパネルのIEからしか表示できないとか、64ビットに対応していないソフトはインストールできないのは困ったものである。タッチパネル操作はスマホやタブレットに慣れている人には魅力なのだろうが、今回購入したLavieZという機種は軽さを優先させたためか、画面にタッチして操作する機能は有してない。これは最初から承知の上なのだが。
今回のバージョンアップは3.1から95の時ほどのインパクトはなく、スマホやタブレットに流れたユーザーをどれほど取り戻せるかは甚だ疑問である。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 2日 (日)

城ヶ崎ファミリーエリア クラッククライミング

写真上:シスタークラックを登るおたまさん、下:左岸のクラックを登るmikkoさん

10時に伊豆高原に着いてファミリーエリアに向かうと、完全に出遅れていて、目ぼしいルートはあらかたロープがセットされてしまっていた。やむをえず、右岸右端のビギナーズクラック(5.7)を登ってトップロープをセットする。今日のメンバーはクラックに慣れてない人が多かったので、このグレードから開始したのは、かえって好都合であった。続いて隣のベビークラック(5.8)を登ってロープをセットする。このレベルまでは全員問題なくクリアする。
その後、隣のシスタークラック(5.9)を登っていた連中が、食事休みとなってルートが空いたので、我々のロープを回してシスタークラックを登らしてもらう。このクラスになるとようやくジャミングを正確に決めないと登れなくなってくるが、他のメンバーは苦戦している人が多かった。
Sister
午後は本当に登れるルートがなくなってしまったので、左岸のめったに登られない5.9のルートにロープを張る。
P1010343
皆が登り終えた頃にパラパラと雨が降りだしたので、撤収にとりかかろうとしたが、一人のメンバーが不完全燃焼気味だったので、彼にはベビークラックをカムをセットしながらリードしてもらい、これで全員が満足を感じて岩場を去ることができた。楽しい一日でした。近いうちに、また登りに来てみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月 1日 (土)

アイストレーニング

今日は鷹取でアイゼン&アイストレーニングを行った。
午前中はいつものフリー用のルートではなく、アルパイン用のルートでアイゼントレーニングを行った後、少し離れた所にあり、普段は誰も登っていない垂壁でアイストレーニングを行った。
P1010326
岩にバイルを打ち付けて登るなどということは砂岩でできている鷹取ならではのことで、普通の岩場でこんなことをやったら、たちまち刃先がガタガタになってしまう。

それにしても自分のアイスの下手さ加減にはいやになってしまい、技術を道具でカバーしようと、帰りに石井スポーツでものポイントを買ってしまった。
P1010328
これで少しはまともに登れるようになるだろうか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »