« 吾妻渓谷・不動の滝 | トップページ | 都心の一日 »

2013年2月 2日 (土)

春の陽気に誘われて

青梅マラソンまで2週間となったので、この土日のいずれかにコースの試走をしなければマズイのだが、ついでに御岳でボルダリングもしてくることを考えると、朝方まで雨が降って岩が濡れているであろう土曜日よりも日曜日のほうが、いいのだろうが、時ならぬ春の陽気に誘われて、土曜日に出かけることにしてしまった。

いつものとおり、最初は「溶けたソフトクリーム岩」に向かう。ところが、そんなに早い時間でもないのに、誰もおらず閑散としている。やはり岩が濡れていることを懸念して出足が鈍っているのだろう。ただ溶けたソフトクリーム岩自体はさほど濡れておらず、間もなく日も当たってきたので、この時期にしては快適なコンディションと言える。
溶けたソフトクリーム岩にある5本の3級課題のうち4本は既に登っているので(といっても昔の話で今登れるかどうかはわからないが)、残る一本のハングの課題に取り付くのが通例となっているが、今日はほんのちょっぴりだけど解決の鍵が見えてきたような気がした。体が完全に真横になってしまって、マットがあってもチョー怖いムーブなのだが、今日はここまでとして、あとは次回のお楽しみとしよう。
いつもならば発電所の上流にある岩場に向かうのだが、今日は途中まで来ると、対岸のデラシネの岩が、いつもは必ず人がいるのに、今日に限って誰もいない。久し振りにデラシネでも登ってみるかと橋を渡って近づくと、なんと岩はびしょ濡れであった。道理で誰もいないわけだ。近くの超人気スボットの忍者返しの岩に行って見るが、こちらも濡れていて誰もいない。やっぱり今日はクライミングは無理だとランニングに切り替える。

さすがに本番2週間前ともなると、大勢のランナーが試走している。もうタイムを気にせずに走るようになってしまったので気楽なものである。他のランナーに抜かれても、一向に気にかけなくなってしまった。
最初は青梅まで往復するつもりだったか、ゆっくり走ったため時間切れとなって宮ノ平で引き返し、20キロちょっとのジョギングだった。この分なら、タイムはともかくとして、完走だけならできるでしょう!?

|

« 吾妻渓谷・不動の滝 | トップページ | 都心の一日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 春の陽気に誘われて:

« 吾妻渓谷・不動の滝 | トップページ | 都心の一日 »