« 鷹取山と鶴見線 | トップページ | 最後の?フルマラソン完走 »

2013年3月22日 (金)

空き時間を利用したボルダリング

空き時間を利用したボルダリング
今日は午前中は青梅で仕事があり、夕方には家族と高尾にお墓参りに行くことになっていたので、間の時間は西国分のジムでクライミングをするつもりで用具やら着替えも用意してきた。ところが実際に仕事から解放されたのは1時半過ぎで、今から西国分寺まで行ってもたいして登る時間もないのでどうしたものかと思ったところ、高尾に行く途中の拝島には駅近くの公園にボルダリングのウォールがあるのを思い出した。
公園内に無料のウォールがある所などは恐らく全国唯一かと思われ、安全管理上よく許されているものだと感心してしまう。ウォールの高さは5メートル近くもあり、下地はジムのようなマットではなく砂利なので、上から落ちるとかなりのダメージはさけられない。そのため、もっぱら低い所をトラバース(横切ること)するだけしかないのであるが、4面のうち、1面以外は傾斜が緩くて登る価値がないので、実質は前傾している1面のみしか登れないけれども、1時間程度の暇潰しにはちょうどよいところである。
頃合いを見て引き上げて、家族に合流するために高尾に向かった。

|

« 鷹取山と鶴見線 | トップページ | 最後の?フルマラソン完走 »

フリークライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 空き時間を利用したボルダリング:

« 鷹取山と鶴見線 | トップページ | 最後の?フルマラソン完走 »