« あの日を忘れない | トップページ | 久し振りの天王岩 »

2013年3月12日 (火)

隅田、荒川近辺散策

今日は午前中は田端、午後は西新井で仕事で、両者を結ぶには日暮里舎人ライナーが便利なのだが、時間が余っていたので、扇大橋まで春を探しに?日光街道をのんびり歩いてみた。道は隅田川続いて荒川を渡って行く。隅田川は何年か前に浅草から川岸をジョギングしたことがあり、今度は桜を眺めながらジョギングしたいと思いつつ、まだ果たしていない。今年あたりは出来るかな?ただ、このあたりは護岸に囲まれた殺風景なところで、走っていても楽しくはなさそうだ。その点、すぐ先の荒川は広い河川敷に恵まれて、気持ちの良いところだ。

隅田、荒川近辺散策

河川敷内の道は約2週間後に自分の最後のフルマラソンと決めている荒川マラソンのコースの一部だ。走り出して10数年。記録が低下傾向になってからも、なかなか止める踏ん切りがつかなかったが、今回で10年連続出場(その他にエントリーしながら大会中止が2回あり)となるのを区切りとして、フルマラソンから足を洗う決心がようやくついた。荒川マラソンには色々な思い出があるが、共通しているのは30キロ過ぎからの苦しさである。せめて最後のレースくらいは無理せず走って、笑ってゴールしたいものである。
扇大橋からは舎人ライナーに乗って行く。無人のモノレールの先頭に乗って車窓を眺めるのはちょっとした観光気分である。

隅田、荒川近辺散策

西新井の仕事を終えてから、路線バスにしては珍しい長距離バスで池袋方面に乗り、終点の手前で下車して、インドビザ申請センターでビザを受け取る。これで晴れてインド入国ができることとなった。
隅田、荒川近辺散策

今日はこれだけにとどまらず、さらに新宿の登山用具店によってロープを買っていく。シングルロープ60メートルを買うつもりだったところベアールの9.4ミリが収納袋付で1万6千円という特別価格で売っていたので、こんな細いロープで本当に大丈夫かという気がしないでもなかったが、安さにつられて買ってしまった。一昔前ならダブルロープとして使われた細さだが、シングルロープとしても使えるだけの性能向上がなされているのだろう。有名メーカーの製品だし、UIAAの規格にも合格しているのだから問題ないのだろう。
Photo
クライミングを再開して10数年の間にこのロープで6本目である(ダブルロープを含む)。
ランニングの方は力尽きてしまったが、クライミングの方はまだしばらくは現役でやれそうなので、あわよくばもう一花?咲かせたいものである。

|

« あの日を忘れない | トップページ | 久し振りの天王岩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 隅田、荒川近辺散策:

« あの日を忘れない | トップページ | 久し振りの天王岩 »