« リモートメール | トップページ | 東北クライミングツアー( 山寺一日目) »

2013年5月31日 (金)

安部政権に未来を託す危険な賭け

今までの民主党政権がひどすぎたせいも預かって、安部政権の高い支持率は保たれたままである。だが、バブルの再来を願うさもしい人々の投機心に依存するばかりで、企業の設備投資や国民の消費増大といった本質的な問題に対してはなんら具体的な解決策を見いだせないでいる「アベノミックス」の破綻は早晩避けられないものであり、財政赤字増大のつけは国民におしつけられることにならざるをえない。
問題は、その破綻が明らかになる前に、羊の皮をかぶった安倍自民党が参議院選挙で勝利をおさめて、一気に反動化の道を進んでしまうことである。

1つには憲法96条という手続き面の改悪を取っ掛かりとして、日本を兵器面だけでなく、国家の組織や国民の精神構造においても軍事大国化を目指す動きが一気に加速化しかねないことが懸念される。北朝鮮の核開発や中韓との領土問題といった近隣との緊張関係の高まりはそういった風潮を大きく後押しするものである。

一方、経済政策はというと、旧来の自民党の箱もの重視の放漫財政への後戻りであり、財政規律を正すなどという姿勢は見られず、後は野となれ山となれといった長期的ビジョンのない無責任な政策しかないのである。その証拠には民主党政権下で議論となっていた税と社会保険の一体改革といった国の根幹に関わる問題に対しては全く意見が聞こえてこないことである。
さらには原発政策においては民主党政権下における30年代に脱原発を目指すといった方針がゼロベースで見直すとされたが、どうも原発をエネルギー政策の基幹に据えるという政策に舵が切られたようである。
原発の危険性については、このブログでもなんどか取り上げていて繰り返しになるが、事故の危険性のみならず、使用済み燃料の処理技術が確立されてない現在において原発を動かし続けることは後世に対して大きな罪を犯すことになるのである。

今度の参議院選挙では、安倍首相の表面的なソフトさと見せかけの景気回復に騙されると取り返しのつかない結果になるこてを十分考えていただきたい。

|

« リモートメール | トップページ | 東北クライミングツアー( 山寺一日目) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 安部政権に未来を託す危険な賭け:

« リモートメール | トップページ | 東北クライミングツアー( 山寺一日目) »