« 平日の天王岩 | トップページ | 平日の日和田 »

2013年5月17日 (金)

ラファエロ展

いつもは芸術には縁遠い生活をしている自分だが、上野近辺に用事があったので、家内と一緒に西洋美術館にラファエロ展を見に行く。
ラファエロ展
平日だというのにかなりの人出である。最初に展示してある絵は思ったよりも小さい絵ばかりであった。しばらく進むとお目当ての聖母子の絵である。さすがに黒山の人だかりである。芸術オンチの自分でもこの絵だけは知っている。他の作家による聖母子の絵もいくつか展示されていたが、この絵には他の聖母子の絵にはない気品が感じられるのは気のせいだろうか?いつもはフィレンツェの美術館に展示されているそうだが、何年か前にフィレンツェに行ったときには見た記憶がないのに、わざわざ日本で見るとは妙なものである。
精養軒で食事をしてから家内と別れて仕事に向かう。仕事を済ませてからの途中に岩崎邸があったので立ち寄ろうかとも思ったが、工事中とのことで次回回しとする。その代わりに不忍池の畔でのんびりする。
ラファエロ展
カバンの中にはクライミングシューズも忍ばせてあったのだが、ジムによって行くのも面倒になってきたので、まっすぐ帰ることにした。
仕事に来たのか遊びに来たのか妙な一日であった。

|

« 平日の天王岩 | トップページ | 平日の日和田 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ラファエロ展:

« 平日の天王岩 | トップページ | 平日の日和田 »