« レー帰還 | トップページ | デリー帰還 »

2013年7月28日 (日)

レーの休日

今日は登頂予備日を一日残しているので観光にあててあったが、そのスケジュールが知らされてなかったので、朝からずっと待機してなければならなかった。10時になっても相変わらず音沙汰なしだったので、ついにしびれを切らしてこちらから連絡してみることにした。といっても誰だかわからない相手に込み入った事情を電話で説明するだけの自信がなかったので、拙い英語でホテルのフロントに説明して理解してもらい、それを彼からエージェントに説明してもらった。するとほどなくして迎えの車が来たが、一体どういうつもりだったのだろうか。もし、こちらから連絡をいれなければどうなっていたのだろうか。

まあ結果オーライだからいいようなもんだし、観光は最悪中止になってもやむをえないと思っていたのだが

観光自体は4時間程度であったが、東部のゴンパ(僧院)3箇所を専用車で効率よく回ってもらった。バスで回ったら一日がかりであったろう。どの僧院もはるばるレーまで見に来るだけの価値のある素晴らしいものであった。
P1020131

運転手はガイド役までは兼ねておらず車で待っているだけだったが、その方が気楽であった、なまじ説明をされると、それを理解しようと気が疲れるからである。

車の中で運転手と言葉を交わしていてちょっと気になったのは、明日の私の帰りのフライトについて全く知らないことであった。単に係りが違うだけのかもしれないが、帰りにホテルまで送ってもらうことをせずにエージェントの事務所まで直接確認に行くことにした。すると何たることか、私のチケットはまだ確保されてないというではないか。夕方までには入手してホテルまで届けてくれるとのことなので、とりあえずはそれを信じるしかないが。こちらの方も観光の件と同様、こちらが確認をしなかったら、どうなっていたかはわからないのは同様だし、登山予備日を使い切っていたら、残り少ない時間でフライトを確保することができたかどうかも疑わしい。まあ善意に解釈すれば、ほとんどの客は往復ともフライトだろうから、帰りだけ予約するというのはイレギュラーだったのかもしれないが

午後は時間が空いたので、依然不調なままのホテルの無線LAN(よく他の宿泊客が文句いわないなあ)からのブログ投稿をあきらめ、エージェントの近くのネットカフェからの投稿を試みる。そこはWifi自体には対応してないが、私が有線を無線に変換する機器を携行してたのでケーブルを借りて接続したところ、しばらくは順調に行っていたのだが、そのうちに接続不良となってしまった。やむを得ず、カフェの日本語表示のできる(日本語入力は不可)PCを使用して入力済データのコピー&ペイストで投稿を始めたのだが、やはり一部文字化けしたりしまってうまくいかない。そこでしばらく離れたメインバザールにあるネットで評判の良いカフェに移動すると、こちらの方は無線LANが問題なく使用でき、たまったブログはひととり投稿できたので。これで一仕事は終わったと帰りにビールを買ってホテルで飲む。実に10日ぶりに飲むビールの味は格別であった。

チケットがホテルに届く時間が昼間にエージェントで行ってきた時間よりも、さらに数時間遅れるとのことだったので、夕食を食べていても本当に届くのか疑心暗鬼だったが、22時前には無事届いた。朝一番の便で5時起きとなるようだが、今回の登山で早起きの癖がついているので一向に苦にならない(というよりも明るくなるまで寝ていられない)。

さあ、明日からはインドの旅が始まるぞ!でも涼しさに慣れきってしまった体には暑さが堪えるだろうな。

|

« レー帰還 | トップページ | デリー帰還 »

高所登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: レーの休日:

« レー帰還 | トップページ | デリー帰還 »