« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

中山道十三峠越え

再び恵那に戻って前回やり残した十三峠越えに再チャレンジである。大湫宿への最寄り駅は釜戸であり、ヤフーの地図ではその道にも旧中山道と書いてあったので、その道を行くつもりであったが、十三峠は碓井峠、和田峠などと並ぶ中山道の難所であり、美濃路では最大の難所とされている所なので、それを避けては中山道を踏破したことにはならない気がしたため、予定を変更して十三峠越えを行うことになった。その結果、時間が足りなくなる恐れはあったが、なんとか頑張ってみることにした。

恵那まではほぼ中央線に沿って伸びていた中山道も十三峠越えに差し掛かると、中央線を離れて東西に伸びていくようになる。
P1020586
十三峠越えはひとつひとつの峠はたいしたことはないが、全部で20近くの峠を越えていくのでなかなかたいへんだ。ただ一里塚、石碑などが次々と現れるので退屈することはない。
5時間近くかかって峠越えが終わろうとする直前に1人のリュック姿の男性に追い抜かれる。日本橋を出て以来、他の街道歩きの人に会ったのは三人目である。東海道では大勢の街道歩きに会ったが、中山道はやはり人気が薄いのだろう。
大湫宿に着いて遅い昼食をとってから再び歩きだすと、後ろから先ほどの人が足早にまた追い越していく。きっとどこかに寄り道でもしていたのだろう。

早久手宿までは近いのですぐに着いてしまうが、ここに泊まってしまうわけにはいかない。次の御嵩宿までは11キロもあるため、たどり着けずに山中で泊まらざるをえないことに備えてペットボトル2本を持参する。

御嵩宿までの道は途中から山道となる。だんだんと日暮が近づいてくるが、暗くなる前になんとか里道まで降りることができた。後は国道まで降りるだけだと思っていたら、旧中山道は途中から分岐してまた山道に入って行く。出来るだけ旧道を行きたいのは山々であるが、夜の山道は危ないのでそのまま新道を行くことにする。

国道に出てしばらく歩くと、ようやくコンビニが見つかり、弁当を買って夕食をとる。そこから御嵩駅までは歩いて30分くらいなので、駅近くのホテルをGoogleで検索すると、なんとしたことか駅近辺にはホテルは一軒もない。Googleで検索できなくても、現地に行けば一軒くらいはあるはずだと思って行ってみると本当に一軒もない。昔は何十軒も旅籠があった宿場町だというのになんたることか。しょうがないので、無人の御嵩駅で一晩を明かすことにする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月29日 (日)

伊吹山

伊吹山
中山道歩きのついでに伊吹山に登ってきたのであるが、本来なら麓の関ヶ原通過時に登るのが効率的である。ところが、山頂バスは9月いっぱいの土日のみ運行となっているため、今日乗らないと麓から標高差1000メートル以上を登る1日仕事になってしまうということで、変則的ではあるが、先に伊吹山に登ることになってしまった。

山頂バスの最終日ということで満員かと思ったら、予想に反してがら空きであった。関ヶ原駅で数人の乗客が乗り合わせたバスは山頂目指して一気に高度を上げていく。途中からガスにおおわれて展望はなくなる。バスの終点から山頂までは40分とあるが、今日はゆっくりと登っているので、観光客にも大勢追い抜かれ、ほぼコースタイムどおりに山頂に着く。山頂は人があふれんばかりで、まるで観光地である。今まで登った100名山の中では観光地ぶりでは筑波山といい勝負である。
何も見えない頂上にいてもしょうがないので早々に下山し、関ヶ原行きのバスに乗り込む。
関ヶ原では十分時間があったので、レンタサイクルで古戦場巡りをする。数日後にもまた関ヶ原に来る予定だが、多分、到着はレンタサイクルの営業時間外になるだろうし、多分歩いて回る元気は残ってないだろうから、今日のうちに見ておくのが得策なのである。
P1020576
天下分け目の戦いと言われる関ヶ原は前から一度は行って見たいと思っていた所なので、非常に興味深かった。ただ一番行って見たかった松尾山は標高差200メートルを歩いて登らなければならないということで、数日後に訪れた時に余力があれば登ることにした。なぜ松尾山に登りたかったかというと、ここに布陣して戦況を眺めながら態度を決めかねていた小早川秀秋が最終的に西軍を裏切ったことが東軍圧勝を招いたのであるが、自分も松尾山の上から、各地の布陣を想像して、彼の心境の追体験をしてみたかったからである。それは後のお楽しみとしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月28日 (土)

中山道中津川〜恵那

中山道中津川〜恵那
恵那山下山口からの中津川行きの始発バスは8時40分と遅いので、すっかり待ちくたびれてしまった。最初は中津川駅まで行くつもりであったが、19号線を越えたあたりで、中山道を歩くのだからここで降りた方がいいという気がして降りてしまった。だがよく考えて見ると、19号線はバイパスなので、旧中山道はもう少し駅よりを走っているに違いないという気がしてきた。そこで確認のために近くのマクドナルドに入って朝食をとるかたわら、店内の無線LANを利用してネットで確認することにした。すると、旧中山道はかなり駅の近くを通っているので、ここからだとだいぶ遠いが、もうしばらく19号線を直進すると、旧中山道と交差するので、交差する所で旧中山道に移ることにした。ついでに今日の後半のコースも調べておいた。というのは、後半のコースの途中からエスケープして中央線の駅に降りて、家内が泊まっている名古屋の実家に行くことにしていたが、果たしてエスケープができるかどうか未確認だったのである。調べた結果は、道は思ったより山側を通ってい
てエスケープは不可能ということで、後半の予定は打ち切って早めに名古屋に行くことにした。
時間に余裕ができたこともあるが、昨日の山の疲れと足の痛みもあってゆっくりと歩くことにした。天気は多少雲もあったが、御岳や恵那の山々が望まれ、街道歩きには最適の日和であった。
大井宿に近づくと常夜灯その他の往時を偲ばせるものが次々と現れて退屈することがない。本陣跡を過ぎてしばらくするとJR恵那駅に着き、今日の短い行程は終わりとなる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恵那山

恵那山
数年前から街道歩きを行っているが、東京を起点とするもののうち、中山道だけは中津川までしか歩いてなかった。そこで今回は中津川から先を全部歩いてしまおうと思ったわけであるが、せっかく中津川まで行くのならば、百名山でまだ未踏の恵那山も登ってしまうことにした。
前日、名古屋の実家に向かう家内と恵那山山麓の昼神温泉に泊まり、朝8時に単身、恵那山に向かう。
恵那山への伊那側からのルートは何本かあるが、今回は広河原ルートをとることとする。伊那側からのルートは登山口までのバスがないので、私のように車を利用しない場合には、長時間の歩行を余儀なくされる。10数年前に新たに開かれた広河原ルートは登山口の高さが1200メートルと高いので4時間近くの歩きとなってしまう。その代わりに恵那山への最短登路となるため、登山口の2キロ手前のゲート横の駐車場には10台以上の車が停まっている。さすが100名山だけあって全国各地からの車のナンバーが見られる。
登山口にはお昼頃に着いたが、その手前あたりから早くも下山してくる登山者とすれ違うようになる。
頂上までは急な尾根の登りが連続する。途中からはガスの中に入ってしまい、視界もなく黙々と登るだけである。1時間に400メートルの高度を稼ぐ快調なペースで登ったので、標準コースタイムは3〜4時間なのに2時間半で頂上に着いてしまう。83座目の100名山ゲットである。頂上にはだれもおらず、標識と展望台があるのみである。なにも見えない頂上にいてもしょうがないので、早々と下山することにする。

下山路は中津川側の前宮コースをとる。こちらはアップダウンが多くて、なかなか高度がさがらない。ようやく急降下が始まる頃にはだんだんと暗くなってきたのでヘツデンをつけての下降となる。前宮コースの資料をよく確認せずに登山口の標高は広河原コースと同じか少し低いくらいかと思ったら、実際は500メートルも下であった。

ウェストン公園のバス停留所には8時過ぎに着く。あたりには人家が点在するのみで、お店はおろか自販機すらない。ネットで調べた所では、中津川の駅近くまでお店はないということだし、最終バスは1時間以上前に出ているので、近くの空き地に簡易テントを張る。アメリカと違って郊外ならば道路近くでもテントが張れるのは有難い。オリンピック招致の謳い文句ではないが、日本は安全な国であることをつくづくと感じた。

今回は荷物の軽量化と小型化のために炊事用具は持参しなかったため、アルコールとつまみが夕食代わりである。酔いが回ってすぐに寝入ってしまったが、厚手の衣服を用意してこなかったので、寒くて夜中に目覚めてしまい、ブログを書き始めたら、結構時間がかかってしまい明け方近くになってしまった。もう一寝入りすると、いくら日本とはいえ、人家の近くで明るくなるまでテントが張りっぱなしということになるのはまずいので、このまま起きていることにしよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月23日 (月)

日本ロマンチック街道ツーリング

日本ロマンチック街道ツーリング

日本ロマンチック街道とは本番ドイツのロマンチック街道と景色が似ている?ということで、日光から上田までの道につけられている名称である。

日光から沼田までは何年か前の秋に通っているので、沼田から先を行ける所まで行ってくるつもりである。
朝の出発を遅めにしたので、沼田到着は10時を過ぎていた。外は小雨まじりの肌寒い気候でテンションは上がらないが、とにかく出発する。
いきなりの急登である。軽井沢に向けての浅間越えの登りは覚悟していたが、それ以外の所はたいした登りはあるまいとたかをくくっていたのが裏目にでてしまった。450メートルの登りで権現峠に着くが、かなり汗をかいてしまった。峠からは一気に下っていくが、風をまともに受けてすっかり体が冷えてしまったので、降りきった中之条駅近くの食堂では鍋焼うどんを注文する。ちょっと前の暑さでは考えらないことである。
ロマンチック街道は中之条からは、吾妻線を離れて暮坂峠の登りにかかる。単調な登りであるが、途中で有笠山の岩壁を間近に望むことができた。全く期待していなかっただけになにかもうけたような気分であった。
P1020550 有笠山

登りはその後も続き、さきほどの権現峠くらいの登りかなと思っていたのは完全に当てが外れて標高差800メートルもの登りとなってしまった。
日本ロマンチック街道ツーリング暮坂峠

予想外の2つの峠の登りで時間を要し、今日は軽井沢まで行くのは無理と判断して、吾妻線の長野原草津口までとすることにした。長野原草津口ではタッチの差で電車に乗り遅れ、次の電車までは2時間近くまたなければならないことになった。それではと食堂を探しに行く。駅前には店は皆無だったので、自転車で少し離れた市街地までいってみるが、何軒かあった食堂はまだ6時過ぎだというのに全部閉店していた。かろうじて開いていた酒屋でビールとつまみを買って駅の待合室でテレビを見ながらビールを飲んで、電車を待つことにした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月22日 (日)

西湖キャンプ

山の仲間10人ほどで西湖のキャンプにいってきた。
初日は十二ケ岳の岩場でクライミング後、キャンプ場でバーベキューを楽しみ、お腹が苦しくなるほど食べる。

西湖キャンプ

翌日は近くの山にハイキングに出かけ、まったりして昼頃には下山する予定だったのだか、下山の途中でタマゴダケの群生に出会い、それから先は目をギラギラさせてきのこ狩りに夢中になってしまったため、下山も遅くなってしまい、まったり山行とはいえなくなってしまった。
おかげで写真のような大収穫となり、しばらくはきのこづくしの食卓となりそうだ。
西湖キャンプ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

青梅マラソン エントリーを逃す

今日20日はIphon新型機種の発売日ということでマスコミでも報じられているが、青梅マラソンのエントリー開始日でもある。

エントリー開始は10時からということは知っており、10時早々にアクセスするつもりだったのだが、その前に一仕事と思って始めた作業に注意が奪われて、気がついたら11時になっていて慌ててアクセスしたら、もう受付終了となっていた。

会社務めの人などはどうやってエントリーしたのだろう。まさかデスクのPCから堂々とアクセスする人は少ないだろうが、今はスマホからも多分アクセスできるのだろうから、膝の上でこっそりとエントリーしたのかしら

なんでも3日間の振り分けエントリを行っているので、明日あさっても可能らしいが、当日は山に入っている予定なので、携帯しかない自分は難しいだろうな。まあ連続出場しているわけではないので、1回くらい途切れても構わないのだが、全く走らない状態が続くと、本当に走れなくなってしまうような気がするので、1年に1回はハーフくらいは走っておいた方よいだろう。

それにしてもランニングブームの勢いは留まるところをしらないようだ。東京オリンピック開催でますますこの傾向は強まるのだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月14日 (土)

流れ流れて山スポへ

三連休は錫杖岳にクライミングに出かける予定であったが、低気圧が西から近づいてくるということで、比較的天気が見込めそうな城山に土日に出かけることに変更した。
ところが直前になって小笠原付近に台風が発生し、関東地方を直撃するとの予報でおおいに慌てる。ただ金曜の予報では土曜の伊豆地方の降水確率は30%だったので、土曜だけなら登れるだろうと予定どおりに土曜の早朝に杉並の自宅を出る。
狛江でYさんにピックアップしてもらって東名に向かう。携帯で連絡をとると、神奈川勢3名も平塚を出発したとのことだし、東名はさほどの渋滞もなく、ここまでは順調に進むかに思えた。ところが、御殿場付近に差し掛かると、よもやの雨がフロントガラスを濡らし、一気に暗雲が立ちこめる。

城山下に到着するとやはり雨が降っている。間もなく神奈川勢も到着し、今後の予定を相談する。Yさんのスマホの情報では雨が止む可能性はないとのことで城山撤退を決定。神奈川勢の話では湯河原も雨が降っていたとのことで幕岩もあきらめ、人工壁しかないかと戻り始める。ところが三島まで戻ると雨も止んでいる。これならば沼津の鷲頭山ならば登れるかもしれないと一縷の望みをかけてまた南に進路を向けるが、岩場の登り口までくると、やはり小雨が降り出したので、ここもあきらめ、大倉にある山岳スポーツセンターの人工壁に行くしかないという結論になる。

東京勢は実に200キロ以上の道のりをかけての山スポ詣でとなってしまった(神奈川勢も大回りであることに変わりはないが)。実は今回のメンバーのうち、私を含めて3人は今週の水曜日にも、幕岩が雨で山スポのお世話になったばかりで、こんなに頻繁に山スポのお世話になるとは思ってもいなかった。

山スポに着いたのはお昼過ぎで、昼食を食べてから登り始める。二面あるうち、右側の垂壁の方は講習会で貸し切りとなっていたので、左側の前傾壁で各自が自分に合ったルートを思い思いに登り、あっという間にセンターの終了時間の5時となる。

気象庁の予報に振り回されて散々な目にあってしまったが、最終的にはなんとかそれなりに楽しめたのは山スポのお陰で感謝々々である。
P1170912

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月 1日 (日)

小常木谷

小常木谷
前から登ってみたいと思っていた小常木谷の遡行を若いH君が計画したので同行させてもらう。
青梅駅でピックアップしてもらい、小常木谷の出合付近で車中泊し、翌朝にはもう一人の参加者のSさんも合流して3人で遡行を開始する。
1時間強、沢を詰めると、置草履の悪場に入る。たいしたところではないのだが、登り甲斐のある滝が連続して楽しい所だ。おまけに今日は、リードを全部H君に任せてあるので、お気軽モードである。
悪場を過ぎても小常木谷自体はまだ続くが、核心は終わったということで、岩岳沢に入って岩岳尾根を目指す。少しの登りで岩岳尾根とおぼしき所に出たが、もっとしっかりした道を想像していたのに思いの外、踏まれていない道である。現在位置を確認するために岩岳山頂に向けて歩き出すと展望が開けて、今歩いている道が岩岳尾根であることが確認できたので、来た道を戻ると、しばらくして道はしっかりした道となってくる。後は一気に降りるだけである。下りでかなり汗をかいたので、また沢に入って体を冷やしたりした後は、丹波の道の駅の温泉に入って、今日1日の疲れを癒した。楽しい1日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »