« 西湖キャンプ | トップページ | 恵那山 »

2013年9月23日 (月)

日本ロマンチック街道ツーリング

日本ロマンチック街道ツーリング

日本ロマンチック街道とは本番ドイツのロマンチック街道と景色が似ている?ということで、日光から上田までの道につけられている名称である。

日光から沼田までは何年か前の秋に通っているので、沼田から先を行ける所まで行ってくるつもりである。
朝の出発を遅めにしたので、沼田到着は10時を過ぎていた。外は小雨まじりの肌寒い気候でテンションは上がらないが、とにかく出発する。
いきなりの急登である。軽井沢に向けての浅間越えの登りは覚悟していたが、それ以外の所はたいした登りはあるまいとたかをくくっていたのが裏目にでてしまった。450メートルの登りで権現峠に着くが、かなり汗をかいてしまった。峠からは一気に下っていくが、風をまともに受けてすっかり体が冷えてしまったので、降りきった中之条駅近くの食堂では鍋焼うどんを注文する。ちょっと前の暑さでは考えらないことである。
ロマンチック街道は中之条からは、吾妻線を離れて暮坂峠の登りにかかる。単調な登りであるが、途中で有笠山の岩壁を間近に望むことができた。全く期待していなかっただけになにかもうけたような気分であった。
P1020550 有笠山

登りはその後も続き、さきほどの権現峠くらいの登りかなと思っていたのは完全に当てが外れて標高差800メートルもの登りとなってしまった。
日本ロマンチック街道ツーリング暮坂峠

予想外の2つの峠の登りで時間を要し、今日は軽井沢まで行くのは無理と判断して、吾妻線の長野原草津口までとすることにした。長野原草津口ではタッチの差で電車に乗り遅れ、次の電車までは2時間近くまたなければならないことになった。それではと食堂を探しに行く。駅前には店は皆無だったので、自転車で少し離れた市街地までいってみるが、何軒かあった食堂はまだ6時過ぎだというのに全部閉店していた。かろうじて開いていた酒屋でビールとつまみを買って駅の待合室でテレビを見ながらビールを飲んで、電車を待つことにした。

|

« 西湖キャンプ | トップページ | 恵那山 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日本ロマンチック街道ツーリング:

« 西湖キャンプ | トップページ | 恵那山 »