« 信濃川(千曲川)水源到達・甲武信登頂 | トップページ | 河又の岩場 »

2013年11月 3日 (日)

下山

薄暗いうちから下山を開始する。下山方法は三国峠越、大弛峠越、信州峠越の他に信濃川上から直接JR乗車が考えられる。前二者は通行止めとなっていて論外であり、信濃川上乗車は安易すぎるので、信州峠越のつもりだった。

下りはじめは砂利道で急坂もあったので慎重に下って行ったが、舗装路に出てからは快適なダウンヒルを楽しんだ。川上村のスーパーに着き、そこで体を暖めて朝食を食べてから信州峠越に出発するつもりだった。ところがオープンは9時で1時間半くらい待たなければならない。空腹のまま峠越に行くのはためらわれたし、昨日までの晴天とうってかわった曇り空で峠付近の強風が冷えきった体にはこたえるだろうことが懸念されたため、信濃川上から直接乗車してしまうことにして、今回のツーリングはピリオドとなった。

自分のライフワークのひとつとしている全国各地の大河の河口から水源までの人力(自転車、歩き、走り)のみによる遡行の旅も三大大河のうち残すは石狩川のみとなった。近いうちに行いたいものである。

|

« 信濃川(千曲川)水源到達・甲武信登頂 | トップページ | 河又の岩場 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 下山:

« 信濃川(千曲川)水源到達・甲武信登頂 | トップページ | 河又の岩場 »