« 河又の岩場 | トップページ | 御在所岳藤内壁 »

2013年11月18日 (月)

野川を走る

武蔵野を流れる野川の水源は国分寺駅近くの日立製作所中央研究所内にあり、年2回一般開放されるということで、開放日の今日、出かけてきた。

研究所内には広大な庭園があり、その中にある大池から野川が分岐している。
野川を走る
開放日の今日は大勢の見学者で賑わっており、模擬店なども多数出店していた。

野川自体は大池から分岐してすぐに研究所外に出て中央線の下をくぐって南下するが、そこには出入口はないので、また来た道を戻って遠回りしなければならない。また野川が中央線をくぐるあたりには線路を横切る道はないので国分寺駅か西国分寺駅近くのいずれかの陸橋を利用しなければならない。

今日はジムでクライミングをする予定なので、西国分寺に向かう。ジムで3時間程度クライミングをしてから、野川の多摩川との合流点まで約20キロのジョギングを開始。

まずは中央線の下をくぐって野川が現れる地点を見に行く。私道のような所に立ち入るので、不審人物と思われないかが気がかりだ。
野川を走る
電車と野川が同時に入る写真を撮ってから、下流に向かう。しばらくは川沿いの道はないので、行ったり来たりしてはなはだ非効率だったが、やがて川沿いの道を進めるようになる。野川は都会の川には珍しく昔の雰囲気が残っていて、河原にはアシやススキが生い茂っている。
野川を走る

ほぼ中間地点である野川公園に着いた時には夕闇が迫る時間となっていた。その後も黙々と走り、なんとか多摩川との合流点である二子玉川に着く。すでに真っ暗となっていたので、合流点の写真を撮ることはできなかった。

|

« 河又の岩場 | トップページ | 御在所岳藤内壁 »

走り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 野川を走る:

« 河又の岩場 | トップページ | 御在所岳藤内壁 »