« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月30日 (月)

登り納めの二子山

プラナンを控えて石灰岩に慣れておくために二子山のルートクライミングに約10年ぶりに行ってきた(アルパインの中央稜は昨年登っているが)。車が利用できないので坂本から1時間ちょっとの登りが必要となり、しかも帰りは年末ダイヤになっていて夕方のバスはなくて午前中しか登れないため、ほとんど岩を触りに行く程度なのだが

坂本までは西武秩父からのバスを小鹿野乗り換えで行き10時半に到着する。ここまでの家からの往復交通費は本来は3200円なのだが、2日間有効の秩父漫遊切符を購入すると二千円程度とジムの1日利用料に等しい金額で済むというお得な割引切符を利用する。
坂本から股峠まではかなり急な登りな上、ハイキングコースというには悪すぎる滑りやすい道である。きっとハイカーの大半はクライマー同様に股峠下の林道を利用していて、坂本から登ってくる人は希なのだろう。

峠には12時頃に着き、すぐに弓状バットレスに向かう。というのは高難度ルートにトライする人がアップに使う悪魔のエチュード10aもこの時間ならば空いているに違いないからである。

弓状バットレスはこの寒い時期だというのに大勢のクライマーで賑わっており、めぼしいルートは悪魔のエチュードを除き、ヌンチャクがかかっている。昼食後に早速悪魔のエチュードに取りつく。日本一被った10aと言われるだけあって、グレード以上の難しさを感じる。前回もオンサイトこそしたものの、危うくテンションをかけそうになったものてある。今回は大勢のクライマーの前でこんなところで落ちたらみっともないという意識が先に立って、何回かヌンチャクを掴んでしまうというインチキをしてしまった。一緒に行ったOさんは慣れない石灰岩の前傾壁に苦戦して、2回目のトップローブでテンションをかけながらもなんとかトップアウトする。ここまででかなりの時間を要してしまい、前回RPできなかったホテル二子11Cも一向に空きそうにないので、弓状を後にして祠エリアに向かう。
Photo
弓状バットレス(赤線は悪魔のエチュード10a)

祠は初めてなので、まずはかんたんな話がピーマン10aのルートから登る。同じグレードでも先程のルートよりはだいぶやさしく感じる。次にはシリアル10dをやってみたかったのだが、他の10台のルートとともにそれらしきルートは認められてもトポの記載とは微妙に異なる点がある上、見た目の難しさはグレード以上のものがあって、ルートの特定に確信がもてない。おまけに弓状と違って他のクライマーもいないので、ルートを聞くこともできない。そうこうしているうちに、だんだん寒くなってきたので、今日はこれまでとして、雪で滑りやすい道を降りて、林道脇の空地にテントを張る。数張りは可能なスペースがあったが、張ったのは我々だけであった。他のクライマー達は車で来ているので、キャンプ場その他の条件の良い所に移動して泊まったのだろう。

翌朝は寝坊してしまい起きたのが7時半、出発は9時となる。ただ朝の遅い二子クライマーには普通の出勤時間のようで、股峠への登り口では大勢のクライマーが列をなして歩いている。

今日は東岳では一番傾斜が緩く取り付きやすいとされている右壁を登ることにする。日があたるまで壁の下で待機しているクライマーでいっぱいの弓状を過ぎて右壁に着く。やはり誰もいない。この時期、二子で登られているのは弓状だけのようだ。

今日は午前中しか登る時間がないのでアップなしにいきなり徒然草10cに取りつく。
Photo_2
右壁(赤線は徒然草10c)

見た所では4ピンまでは問題がなく、4ピンから5ピンの間が核心のようであった。4ピンにクリップしてルートを読む。右の縦カチを取って左足をハイステップで対角線にして伸び上がれば左手で上のガバを取れると睨んだのだが、少し届かずテンションがかかってしまう。そこでよく観察すると、もう少し上にも縦カチがあるので、それを利用して上体を上げればいいことがわかり、今度は上のガバが取れたので、もう終わったも同然となる。
次はOさんの番である。一応Oさんの最高グレードと同じなので、リードも可能なはずであるが、朝一番ということもあり、取りあえずはトップローブで登ってもらう。するとやはり4ピンと5ピンの間で動きが止まってしまい、最後はローブを引っ張って核心を突破するという奥の手?を使うことになる。これではとてもリードは無理だろうと思ったが、せっかく来たのにトップローブばかりではつまらないだろうと、トポを見てみると、もう少し奥の方に5.9のルートがあったので、そこをリードしてもらって本日は終了することとする。

ますは私がリードする。1ピンと2ピンの間にあるガバを取ってと下からは思っていたのだが、いざ手を伸ばしてみるとなんということかガバではなかったのである。やむを得ず右の方に甘いホールドを伝ってトラバースし、その甘いホールドに耐えて左の2ピンにクリップするという厳しいムーブであった。絶対に5.9じやない。ピンの数もトポと違うし。とするとこのルートはなんだということになるが、面倒になったので深く詮索しないことにする。Oさんも私の苦戦ぶりを見てリードする意欲をなくしたようでトップローブで苦労しながら登って、今回のクライミングはすべて終了となる。

今回は秘かにホテル二子のRPを狙っていたのだが、トライすることさへできなかった。また機会があったらトライしてみたい。それはともかくとして、無事に坂本に下山して、穏やかな冬の日差しの下でのどかな山村の風景を眺めながらバスを待っていると、今年1年に出かけた山々が思い出されるとともに事故もなく無事に過ごせたことに対する感謝の念でいっぱいとなる。新年も同様に楽しく安全な山登りを続けたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月23日 (月)

城ヶ崎ファミリーエリア

昨年、ファミリーエリアに行った時は、超満員でめぼしいルートはトップローブが張り巡らされていて思うように登れなかったため、今回は早めに現地に着くようにしたのだが、どういうわけか今日はがら空きで、お目当てのファザークラック10bにトップローブを張る。10年ほど前にトライした時にはリードで登ったものだが、さすがに今はリードする意欲はなくなってしまった。
Photo_2
下部は5.9くらいのクラックで問題がなく、核心は最後の遠い右上のホールドを取るところで、今回もそこでテンションが入ってしまったが、試行錯誤の上にムーブを解決してトップアウトする。

本当は隣のマザークラック10cにもトップローブを張りたかったのだが、支点をかけかえに行くのも面倒だし、クラックに不慣れでファザークラックの下部でも手こずっている連れのOさんはとてもマザークラックは登れないないだろうと思って諦め、今日はOさんのフォローに徹することにした。そこで5.7程度のクラックを何本かのぼってもらってから、ファザークラックの下部に再トライしてもらう。しかし、少し登るとジャミングが外れて壁から引き離され、下から登り返しになってしまうので、ジャミングが外れる前にカムをセットして、それにぶらさがって手足を休め、しばらくしてから登り出すことの繰り返しで、ようやく下部を登り終えることができ、今日はここまでとなる。Oさんにとって今日の練習で多少なりともプラスになることがあればよいのだが

| | コメント (0) | トラックバック (0)

城山南壁リベンジ

秋に台風のために挫折した城山南壁のリベンジに行ってきました。大仁から歩きとなったため、南壁の取り付きに着いたのは11時近くになってしまう。すぐに準備を始めて、11時15分に三日月ハングルートの登はんを開始。本来の三日月ハングルートは右の方から左上していくのだが、他のパーティーとルートが交錯しそうだったので、少し左から直上し、途中から正規ルートに入って左上して、このルートの核心である小ハングの下に着く。

2ピッチ目の小ハングは一見さほど難しくは見えないのだが、実際には3手の極小カチの処理とその時の足の位置が難しく、初見での突破はなかなか困難である。何回かテンションをかけた後に正解ムーブを見つけ出し、上のボルトまで到達できたが、10Dのグレードはこの部分だけで、ここから先は5.8の垂壁、5.9の三日月ハングと続くので楽勝かと思いきや、隣のエキスカーションの人気に押されて登る人が少ないのか、古いハーケンやリングボルトが多くなってきて本チャンのような雰囲気となり、結構神経が疲れるピッチであった。
P1020843三日月ハングルート終了点から狩野川方面を望む

終了は2時10分。約3時間と予想を超える時間をかけてしまったがやむを得ない。2回の懸垂で下に降り、遅い昼飯を食べてから、3時15分に二本目のマルチに移る。当初はエキスカーションの予定だったが、時間的に厳しいので、バトルランナーに変更する。このルートは何度も登っているため気軽に取りつく。さすがに疲れが出てきたのか、核心の鎌形ハング10aの乗越では、過去の同ルートではしたことがないテンションをかけてしまう。
Photo鎌形ハング下のピッチ

ハングを乗越したところでピッチを切る。後1ピッチ5.8の垂壁を残しているが、夕闇が迫って来ており、核心も越えたということで、5時きっかりに下降に移る。途中で真っ暗になってしまったが50メートルいっぱいでなんとか下まで降りられる。もちろん誰もいなくなってしまった闇夜の広場で荷物を整理して壁を離れる。

三日月ハングルートも二本のマルチ連続もはじめてなので満足すべきクライミングであった。朝早くから取りつけば、1日3本のマルチ連続も不可能ではないという気がするので、機会があったらトライしてみたい

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月15日 (日)

裏同心ルンゼ

山仲間と裏同心ルンゼに行って来ました。珍しく10人もの大人数となり、何度も登っている裏同心ということもあり、緊張感もなく忘年会に行くような気分であった。

初日は赤岳鉱泉まで行くだけだが、余った時間はジョーゴ沢の下部でアイスの練習を行う。F1は混んでいたし、スケールも小さいのでパスし、F2に向かう。1時間近く練習してテントに戻る。その晩は宴会モードで飲みかつ語り合った。

翌日は4時起きで6時半に赤岳鉱泉のテントを出発する。F1からF4まではさほどのこともなかったが、F5は寒気のために氷が固かったせいか、今まで何回か登った時には感じなかった難しさを感じた。
P1190603f5

大同心稜を経て赤岳鉱泉に戻ったのが3時過ぎと遅かったため、美濃戸に着いた時には真っ暗になってしまったが、充実した1日であった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月12日 (木)

お宝?発見!

先日書いた自宅の外階段取り外しの準備として、外階段の下を物置として利用してたので、その整理をしていたら、30年以上も前に愛用していた錆びついたシモンのアイスナンマーを発見した。
P1020824
その当時はアイスをダブルアックスで登るのも、左手にアイスハンマー、右手にピッケルというスタイルであり、多分、アイスバイルというものはまだなかったはずである。さすがに、アイスメスの使用やカッティングで登ることは経験したことはないが、今となっては懐かしい「愛しのアイテム」である。

 

もう実戦で使うことはないだろうが、自宅外壁に人工壁ができたら、アイスやドライの練習時に使ってみようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近隣にボルダリングジムができていた

家から歩いて20分強のところにボルダリングジムが先々月にできたことを知り行ってみる。

青梅街道に面していて、今の時期は室内から窓越しに色づいた銀杏が眺められるムードのある?ジムである。
近隣にボルダリングができていた
よく行くB−PUMPに比べるとスケールは小さいが、家からの距離が半分程度と近いし、昼間の料金が1300円と安いのも魅力的である。

自宅外壁のクライミングボードが完成したらどうなるかはわからないが、それまではちょくちょく通ってみようか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月10日 (火)

自宅外壁にクライミングウォールの設置計画

我が家を20数年前に建て替えた時に工事業者から駐車場をどうするかと聞かれたのだが、私も家内も運転しないので、いらないと答えたところ、子供さんが大きくなってから必要になるかもと言われたのだが、そんな先のことはわからないので、駐車場スペースなしで工事を行った。

ところが、案の定、社会人となった子供が車を買いたいと言い出して駐車場スペースが必要となってきた。どうしたものかと思っていたが、以前は二階に事務所を置いていて必要だった外階段が今では特に必要なくなったので、それを撤去すれば、なんとか駐車場のスペースは確保できることが判明した。ただ階段を撤去したスペースが残ってしまうので、どうしたものかと思っていたところ、クライミングウォールを設置することを思いついた。

クライミングウォール自体は室内用として120度の角度に前傾したボードがあるのだが、今回計画しているのは垂壁なので、スローパーとか極小ホールドを使用した前傾壁とは違った登り方ができると思う。また一辺が130cmほどの小さい壁であるが、この字型に作れるので、立体的なクライミングも楽しめそうだ。さらに凄いことを考えているのは、杉板を打ち込んで、アイスクライミングやドライツーリングの練習もできるようにすることだ。外壁といっても、この字型に壁で覆われていて屋根もあるので全天候型だ。

最初は外壁に直接クライミングボードを固定することを考えていたが、それだと強度上問題もあるし家自体への影響もあるので、若干スペースをとることにはなるが、骨材を組み合わせたところにクライミングボードを固定した方がよいだろう。これならば一面だけは4メートルくらいの高さにして確保用の支点を設けることも可能だ。またこの字型だから、支えがなくても自立するはずだ。もっともこんな作業は自分じゃできないので、クライミングウォール設置の専門業者に頼まざるをえないだろう。

外階段を取り壊して駐車場スペースが確保できるので、息子は愛車を乗り回すことでワクワクだが、父親は本格的なクライミングボードができるのでワクワクである。今までは避けていたドライツーリングでもフィギィアー4の達人?になることも夢じゃないかも。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013年12月 8日 (日)

久留里線乗車・千葉県最高峰( 愛宕岳)山頂肉薄

関東地方のJRでは数少ない未乗車路線の久留里線に乗車してきた。終点の上総亀山駅から先は袋小路なので通常は往路を戻らなければならないが、今回はロードレーサーを輪行してきているので、そこからはツーリングで千葉県最高峰の愛宕山を目指すことにした。
Photo

久しぶりにロードレーサーに乗るものだから、前輪だけの着脱で済むマウンテンバイクと異なり、後輪の着脱の際のチェーンの処理に手間取り思わぬ時間を要してしまった。

目的地の愛宕山はGPSの検索機能では探せなかったので、まずは近くの「ふれあいパークきみつ」を目的地としてナビを設定する。
P1020820

「ふれあいパークきみつ」にはまもなく到着し、湖岸の紅葉を楽しみながら、GPSの地図で愛宕山を探してルート検索をすると、なんたることか、来た道を戻って大きく迂回するコースを示している。自転車モードを選択してあるので前方にある有料道路を回避しているようだ。事前にヤフー地図で調べたときは、有料道路の西側の道を行くようになっていたが、徒歩モードを選択して検索したため、ロードレーサーでは通過が困難な山道を選んでいるようであった。さあてどうするかと思案していると、有料道路がある方からたくさんのチャリダーがやって来るではないか。あれ!自転車でも通れる有料道路かなという気がしてきて、このまま前進することにした。

まもなく有料道路の表示が現れて、軽車両は20円と書いてある。自転車もこれに該当するのかなと思っていると前方に無人の料金所が見えてくる。二輪車は脇道を通るよう指示されてあったので、そちらを通るが、あれ!どこで料金を払うんだろうと思いながら、しばらく行ってから、料金箱がおいてあったのに気がついた。引き返すのも面倒なので、そのまま行ってしまったが、結果的に料金20円を踏み倒してしまった(ごめんなさいm(__)m)。

愛宕山へは安房鴨川手前の道を右折する。次第に登りになるが、愛宕山自体が400メートル程度の標高なのでたいした登りではない。ところが、頂上直下は航空自衛隊の基地になっていて立ち入り禁止である。
Photo_2山頂は鉄条網のすぐ後ろ


ここまで来たのにとは思ったが、無断立入で逮捕されてはかなわないので、疑惑つきながら登頂したこととみなして下降することにした。保田駅には午後1本だけある特急になんとか間に合ってラッキーだった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 6日 (金)

蔵王縦走二日目

4時過ぎに小雨混じりの中をテントを撤収して出発する。いきなりの急登である。おまけに岩の上に薄く雪が乗っている状態のところがあって滑りやすい。雪は膝ぐらいまで潜る程度だが、やはり登高ペースは上がらない。天気もよくないし、このペースでは熊野岳までの縦走はとても無理なので、宮城県最高峰の屏風岳登頂のみを目指すことにする。

まもなく夜明けとなったが、予想に反して日の出が見られた。ただ、これは一時的な現象のようで、すぐに雲に覆われて雪が降りだした。

屏風岳に登る前に後烏帽子岳1685メートルに登らなくてはならないのだが、手持ちの高度計ではすでにその高度に達しているはずなのに一向に山頂に着かない。さらに100メートル近く高度を上げてようやく後烏帽子岳に着く(高度計の不具合は気圧が相当下がったためだろうか)。時間は9時を回っており、今のペースでは屏風岳にはお昼頃となってしまう。進むべきか退くべきか、なかなか決断がつかない。とりあえず少し進んでから決めることにした。
P1020810

前方に進んではみたものの、ほとんど視界がきかない状態で帰りに吹雪にでも逢うことを考えると、やはり退くべきだとの結論に達した。

下りとなると早いもので行きの時の半分程度の時間で遠刈田温泉に戻ることができた。バス待ちの間に共同浴場にも入れてさっぱりとした気分で白石蔵王に戻った。ただ時間の余裕があったので、少し寄り道して、米坂線経由で新潟から帰ることにした。というのは米坂線には二駅の未乗車区間があるのだが、今日ついでに乗車しておけば、二駅を乗車するために後日にわざわざ来る手間が省けるからである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年12月 5日 (木)

蔵王縦走一日目

蔵王は昨年、樹氷見物とスキーを兼ねて出かけたが、悪天と深い雪で地蔵岳までしか行けず、最高峰の熊野岳には行き損ねたので、今回はそのリベンジということで、宮城県最高峰の屏風岳から縦走を行うことにした。

始発の新幹線を白石蔵王で降り、バスで遠刈田温泉に向かう。10時過ぎから歩き始め、自動車道、次は林道を3時間ばかり歩いて烏帽子岳の登山口に着く。

ガイドブックのコースタイムでは一日目で刈田峠の避難小屋までも行けそうであったが、間もなく現れた雪に阻まれて、主稜線までも達せられずに、後烏帽子岳直下にテントを張る。まあ明日は早出してがんばろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »