« 裏同心ルンゼ | トップページ | 城ヶ崎ファミリーエリア »

2013年12月23日 (月)

城山南壁リベンジ

秋に台風のために挫折した城山南壁のリベンジに行ってきました。大仁から歩きとなったため、南壁の取り付きに着いたのは11時近くになってしまう。すぐに準備を始めて、11時15分に三日月ハングルートの登はんを開始。本来の三日月ハングルートは右の方から左上していくのだが、他のパーティーとルートが交錯しそうだったので、少し左から直上し、途中から正規ルートに入って左上して、このルートの核心である小ハングの下に着く。

2ピッチ目の小ハングは一見さほど難しくは見えないのだが、実際には3手の極小カチの処理とその時の足の位置が難しく、初見での突破はなかなか困難である。何回かテンションをかけた後に正解ムーブを見つけ出し、上のボルトまで到達できたが、10Dのグレードはこの部分だけで、ここから先は5.8の垂壁、5.9の三日月ハングと続くので楽勝かと思いきや、隣のエキスカーションの人気に押されて登る人が少ないのか、古いハーケンやリングボルトが多くなってきて本チャンのような雰囲気となり、結構神経が疲れるピッチであった。
P1020843三日月ハングルート終了点から狩野川方面を望む

終了は2時10分。約3時間と予想を超える時間をかけてしまったがやむを得ない。2回の懸垂で下に降り、遅い昼飯を食べてから、3時15分に二本目のマルチに移る。当初はエキスカーションの予定だったが、時間的に厳しいので、バトルランナーに変更する。このルートは何度も登っているため気軽に取りつく。さすがに疲れが出てきたのか、核心の鎌形ハング10aの乗越では、過去の同ルートではしたことがないテンションをかけてしまう。
Photo鎌形ハング下のピッチ

ハングを乗越したところでピッチを切る。後1ピッチ5.8の垂壁を残しているが、夕闇が迫って来ており、核心も越えたということで、5時きっかりに下降に移る。途中で真っ暗になってしまったが50メートルいっぱいでなんとか下まで降りられる。もちろん誰もいなくなってしまった闇夜の広場で荷物を整理して壁を離れる。

三日月ハングルートも二本のマルチ連続もはじめてなので満足すべきクライミングであった。朝早くから取りつけば、1日3本のマルチ連続も不可能ではないという気がするので、機会があったらトライしてみたい

|

« 裏同心ルンゼ | トップページ | 城ヶ崎ファミリーエリア »

フリークライミング」カテゴリの記事

コメント

10月にバトルランナーとA'ルート登りましたがクライミングリハビリ中だった為ハングの乗越はフォローでも大変でした。機会が有ればご一緒しましょう。

投稿: myama | 2013年12月23日 (月) 11時35分

今回登った三日月ハングルートに加えて、ダイレクト、エキスカーションの3本連続をやってみたいので、機会があったらご一緒しましょう。

投稿: vibram | 2013年12月24日 (火) 10時18分

日程が決まりましたらお知らせ下さい。
宜しくです。

投稿: myama | 2013年12月25日 (水) 20時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 城山南壁リベンジ:

« 裏同心ルンゼ | トップページ | 城ヶ崎ファミリーエリア »