« 久留里線乗車・千葉県最高峰( 愛宕岳)山頂肉薄 | トップページ | 近隣にボルダリングジムができていた »

2013年12月10日 (火)

自宅外壁にクライミングウォールの設置計画

我が家を20数年前に建て替えた時に工事業者から駐車場をどうするかと聞かれたのだが、私も家内も運転しないので、いらないと答えたところ、子供さんが大きくなってから必要になるかもと言われたのだが、そんな先のことはわからないので、駐車場スペースなしで工事を行った。

ところが、案の定、社会人となった子供が車を買いたいと言い出して駐車場スペースが必要となってきた。どうしたものかと思っていたが、以前は二階に事務所を置いていて必要だった外階段が今では特に必要なくなったので、それを撤去すれば、なんとか駐車場のスペースは確保できることが判明した。ただ階段を撤去したスペースが残ってしまうので、どうしたものかと思っていたところ、クライミングウォールを設置することを思いついた。

クライミングウォール自体は室内用として120度の角度に前傾したボードがあるのだが、今回計画しているのは垂壁なので、スローパーとか極小ホールドを使用した前傾壁とは違った登り方ができると思う。また一辺が130cmほどの小さい壁であるが、この字型に作れるので、立体的なクライミングも楽しめそうだ。さらに凄いことを考えているのは、杉板を打ち込んで、アイスクライミングやドライツーリングの練習もできるようにすることだ。外壁といっても、この字型に壁で覆われていて屋根もあるので全天候型だ。

最初は外壁に直接クライミングボードを固定することを考えていたが、それだと強度上問題もあるし家自体への影響もあるので、若干スペースをとることにはなるが、骨材を組み合わせたところにクライミングボードを固定した方がよいだろう。これならば一面だけは4メートルくらいの高さにして確保用の支点を設けることも可能だ。またこの字型だから、支えがなくても自立するはずだ。もっともこんな作業は自分じゃできないので、クライミングウォール設置の専門業者に頼まざるをえないだろう。

外階段を取り壊して駐車場スペースが確保できるので、息子は愛車を乗り回すことでワクワクだが、父親は本格的なクライミングボードができるのでワクワクである。今までは避けていたドライツーリングでもフィギィアー4の達人?になることも夢じゃないかも。

|

« 久留里線乗車・千葉県最高峰( 愛宕岳)山頂肉薄 | トップページ | 近隣にボルダリングジムができていた »

フリークライミング」カテゴリの記事

コメント

完成したら写真をお願いします。
フィギィアー4は被った壁でないと難しいのでは?

投稿: myama | 2013年12月11日 (水) 18時53分

完成したら、ブログに写真をアップします。

でもそろそろクライミングから足を洗おうと思っているんだけどなあ

投稿: vibram | 2013年12月12日 (木) 11時58分

まだまだこれからですよ(o^-^o)

投稿: myama | 2013年12月12日 (木) 19時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅外壁にクライミングウォールの設置計画:

« 久留里線乗車・千葉県最高峰( 愛宕岳)山頂肉薄 | トップページ | 近隣にボルダリングジムができていた »