« 蔵王縦走二日目 | トップページ | 自宅外壁にクライミングウォールの設置計画 »

2013年12月 8日 (日)

久留里線乗車・千葉県最高峰( 愛宕岳)山頂肉薄

関東地方のJRでは数少ない未乗車路線の久留里線に乗車してきた。終点の上総亀山駅から先は袋小路なので通常は往路を戻らなければならないが、今回はロードレーサーを輪行してきているので、そこからはツーリングで千葉県最高峰の愛宕山を目指すことにした。
Photo

久しぶりにロードレーサーに乗るものだから、前輪だけの着脱で済むマウンテンバイクと異なり、後輪の着脱の際のチェーンの処理に手間取り思わぬ時間を要してしまった。

目的地の愛宕山はGPSの検索機能では探せなかったので、まずは近くの「ふれあいパークきみつ」を目的地としてナビを設定する。
P1020820

「ふれあいパークきみつ」にはまもなく到着し、湖岸の紅葉を楽しみながら、GPSの地図で愛宕山を探してルート検索をすると、なんたることか、来た道を戻って大きく迂回するコースを示している。自転車モードを選択してあるので前方にある有料道路を回避しているようだ。事前にヤフー地図で調べたときは、有料道路の西側の道を行くようになっていたが、徒歩モードを選択して検索したため、ロードレーサーでは通過が困難な山道を選んでいるようであった。さあてどうするかと思案していると、有料道路がある方からたくさんのチャリダーがやって来るではないか。あれ!自転車でも通れる有料道路かなという気がしてきて、このまま前進することにした。

まもなく有料道路の表示が現れて、軽車両は20円と書いてある。自転車もこれに該当するのかなと思っていると前方に無人の料金所が見えてくる。二輪車は脇道を通るよう指示されてあったので、そちらを通るが、あれ!どこで料金を払うんだろうと思いながら、しばらく行ってから、料金箱がおいてあったのに気がついた。引き返すのも面倒なので、そのまま行ってしまったが、結果的に料金20円を踏み倒してしまった(ごめんなさいm(__)m)。

愛宕山へは安房鴨川手前の道を右折する。次第に登りになるが、愛宕山自体が400メートル程度の標高なのでたいした登りではない。ところが、頂上直下は航空自衛隊の基地になっていて立ち入り禁止である。
Photo_2山頂は鉄条網のすぐ後ろ


ここまで来たのにとは思ったが、無断立入で逮捕されてはかなわないので、疑惑つきながら登頂したこととみなして下降することにした。保田駅には午後1本だけある特急になんとか間に合ってラッキーだった。

|

« 蔵王縦走二日目 | トップページ | 自宅外壁にクライミングウォールの設置計画 »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 久留里線乗車・千葉県最高峰( 愛宕岳)山頂肉薄:

« 蔵王縦走二日目 | トップページ | 自宅外壁にクライミングウォールの設置計画 »