« プラナン四日目 | トップページ | プラナン6日目 »

2014年1月14日 (火)

プラナン五日目

今日はもう1人も体調を崩しているので、午前中はレストとして、午後からは二日目にテンションが入ってしまったDuncansBootの6c(11b)のマスターRPを目指す。まずは6aでアップした後、本命の6cにトライする。ホールドがわかっているので、特に問題もなくRP。
6c 赤線が6cのライン

他の6b(10d)よりも易しく感じたので、超お買い得な6cである。そうは言っても「腐っても鯛」ではないが、「腐ってもタイの6c」である。これでプラナンを訪れた目的の最低限は果たせたので、後はお気軽モードで行こうと、講習会が開かれている1−2−3エリアに移って体調を崩している二人のために左端の6aルートにトップロープを張ろうとしていると、たまたまスタート地点が6aと6a+で一緒だったため、客を連れた現地ガイドがやってきて、どっちを登るのだと聞くので、6aだと答えると、彼は6a+を登ることにしたようだ。ところが6aにトップロープを張り終えて見上げると、件のガイドがなんと6a+の途中でテンションをかけて
他のガイドから冷やかされているではないか。きっと6aの方を登りたかっただろうに悪いことをしてしまった。おまけに客の方がトップロープとはいえノーテンで登ってしまったので、ガイドの面目丸潰れである。おそらく資格制度も未整備なので、ガイドの実力も千差万別なのだろう。

まだ時間が早かったのでクールダウンを兼ねて5.9のルートを登ろうとしたが、どこも講習会で満員のため、きょうはこれで終了とすることにした。

ハードなクライミングをしているわけではないが、せっかくタイに来たのだからとタイ式マッサージで1日を終えることにする。リフレッシュして明日はパワー全開となるかどうか

|

« プラナン四日目 | トップページ | プラナン6日目 »

フリークライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: プラナン五日目:

« プラナン四日目 | トップページ | プラナン6日目 »