« マイボードでドライツーリング | トップページ | 層雲峡錦糸の滝 »

2014年2月 2日 (日)

層雲峡銀河の滝

層雲峡銀河の滝
数年前に家内と冬の層雲峡を旅行した時に結氷した銀河の滝を眺めて、いつか登って見たいと思ったものの、北海道まで付き合ってくれる物好きはいないだろうとあきらめていたところ、山の仲間が北海道に転勤になったということで層雲峡行きが実現することとなった。

帯広空港から車を飛ばして深夜の層雲峡に到着。地下駐車場にテントを張ったので風に当たらずに済み快適である。少し酒を飲んで体を暖めたので熟睡することができた。

翌朝は雪が降り続いている。午後には止むとの予報だったので、朝は偵察だけのつもりで銀河の滝が正面に見える駐車場まで行ってみる。四人パーティーがちょうど出る所だったので徒渉点の確認だけをしてビジターセンターに向かう。

ビジターセンターでしばらく時間をつぶしたが、一向に雪が止まないので、取り付きまで下見に行くくらいのつもりで出掛けてみる。石狩川を徒渉しようとすると、先程の四人パーティーがまだ1ピッチ目を登っている。あれなんて遅いパーティーなんだと思いながら取り付きに向かう。
1ピッチ目は対岸からは切り立って見えたが、実際は傾斜の緩い簡単なアイスであった。2ピッチ目は傾斜はあるが、全くの雪道歩きであった。3ピッチ目も出だしは雪道、途中から雪の下にアイスが現れるが、支点がなくても不安はない程度の簡単なピッチである。ただ懸垂で降りてくるパーティーの落雪をまともに受けてたいへんだった。落氷でなくてよかった。そこから見上げる最終ピッチも傾斜が緩く簡単そうに見えたが、下見のつもりでヘッ電を持参してこなかった我々は、このまま登ってしまうと、下降の途中で真っ暗になってしまう恐れがあったので、ここから下降することにした。
対岸の駐車場まで降り立つと真っ暗になってしまったが、近くの温泉で体を暖めて生き返る気分であった。最終ピッチは残したもののとりあえず銀河の滝は登ったので、はるばる来た甲斐はあったとほっとした。

|

« マイボードでドライツーリング | トップページ | 層雲峡錦糸の滝 »

アルパインクライミング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 層雲峡銀河の滝:

« マイボードでドライツーリング | トップページ | 層雲峡錦糸の滝 »