« 四万十川 | トップページ | 室戸岬を目指したのだが »

2014年2月28日 (金)

はりまや橋は遠かった

今日は昨日到達している窪川までは列車で行くのであるが、午前中は雨の予報のため、ゆっくり出かけることにする。朝食後に支度して外に出てみるとどしゃ降りである。しばらく待って小止みになった時に中村駅に向かう。ところが駅のホームで列車を待っていると青空が見えてくる。予想よりも天気回復は早いようなので覚悟していた濡れ鼠は避けられそうだ。

窪川で下車して近くの37番岩村寺に向かう。こんなに近い札所も珍しい。次の35番青龍寺までは50キロ以上もあるのだ。と言ってもチンタラ歩いていけばそのうちに着くだろうと思っていた。30キロ先の瀬崎まではたいしたことはかったが、そこから国道を離れて半島を進んでいくところから一変した。半島の丘陵部は激しいアップダウンの連続で全くペースが上がらない。途中の山道で果樹園のおばさんが追っかけて来て八朔をプレゼントされる。嬉しくもあったが、重いしナイフもないし少々困ってしまった。

36番の青龍寺にやっと着いた時は既に日は暮れていた。お祭りでもあったのか出店がいっぱいであったが、店じまいにはいっていた。境内の石段はやけに長かったがなんとか参拝をはたす。

ここから高知まではまだ20キロ以上あるのでもうひとがんばりである。途中で35番の青竜寺(36番と一時違い)は少し四万十市の方に戻るのでしゃくだがやむをえない。

寺まで1キロ弱の所で道の傾斜が急になったので、自転車を置いて早足で登りだす。途中で墓場を通過するが、夜なので少し気持ちが悪かった。

寺まで登り詰めると、高知方面の夜景がきれいだったが、まだ20キロ弱もある。
高知は遠かった

高知中心部のはりまや橋到着は23時頃となったのでネットカフェに泊まるつもりでグーグルで探すが、見つけた2軒ともその場所にはなく電話も通じない。やむを得ずホテルに泊まるが、既に日付は変わっていた。思いがけず疲労困憊の1日となってしまった。

|

« 四万十川 | トップページ | 室戸岬を目指したのだが »

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: はりまや橋は遠かった:

« 四万十川 | トップページ | 室戸岬を目指したのだが »