« 比叡山ニードル左岩稜 | トップページ | 降雨の前進 »

2014年3月28日 (金)

日向灘を歩く

二晩連続で熟睡できなかったので、今朝ネットカフェで高鍋の宿を予約する。ここから40キロ先にあり、午後8時到着予定と入力したが、果たしてそれまでに辿り着けるか?

日向駅の近くまで行けば飲食店くらいあるだろうと思っていたのだが、あてが外れて全くない。やむを得ずコンビニ弁当を買う。コンビニ弁当も結構うまいんだけど。

昨日のガイドに装備の一部を返し忘れていたので予め調べておいた南日向駅近くの郵便局から送る。自分の装備も昨日コンビニから送ってあるので荷物は軽くなっているはずなのに荷物の重みで背中が張ってくる。先週末の鹿島槍の時の重荷の後遺症の影響なのだろか。

背中の張りと眠気で歩くのが辛くなってきたので、まだ昼前だが、道の駅に入って休憩する。食堂あったがろくなメニューがなかったので、外に出て歩きを続ける。

しばらく歩いていると空腹を感じてきたが、レストランはおろかコンビニも現れない。国道をあるいているんだからコンビニはそのうちに現れるだろう。2回連続のコンビニ弁当もやむを得ないかと諦めかけた時に海鮮レストランが現れたので迷わず入店する。なんでもこのあたりから神武天皇が船出したという言い伝えがあるそうで、それに因んでなづけたらしい船出定食というのを注文する。海の幸が満載で、日向灘を眺めながらの食事は格別である。
日向灘を歩く船出定食

満腹となってしまい暫くは歩くのが億劫なので午前中の出来事をブログにまとめていたら時間がかかってしまい、レストランに思いかけない長居をしてしまった。

午前中から足に豆ができていたが、だんだん我慢できないほど痛くなってきたので、コンビニで針とマッチを買って豆をつぶして多少は歩きやすくなった。だいぶペースが遅くなってきたので、このままでは20時にはホテルには着きそうもないとベースを上げて20分遅れでホテルに到着、なんとか40キロを歩けたが疲れた!
そのホテルは60歳以上は証明書を見せれば1割引きとのことでラッキーだった。60歳以上となって久しいが、こんな御利益?に浴したのは初めてかもしれない。少し気恥ずかしい気もしたが、孫ができておじいちゃんにもなることだし、まあいいか!?

|

« 比叡山ニードル左岩稜 | トップページ | 降雨の前進 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日向灘を歩く:

« 比叡山ニードル左岩稜 | トップページ | 降雨の前進 »