« 降雨の前進 | トップページ | 霧島登頂 »

2014年3月30日 (日)

宮崎の休日

今朝は天気が回復しているようなら霧島山に行くつもりであったが、朝のうちはまだ雨が残っているようだし、天気が確実に回復するのは午後からで、自分の登山時間となる午前中の山の天気が読めなかったので、確実に好天が見込める明日に登山は延期して、今日は休養を兼ねて今回歩きでは立ち寄れない城下町の飫肥と野生の馬の生育で有名な都井岬を巡ってくることにした。

飫肥は1時間しか滞在時間がとれないので、下車してすぐに町に向かう。朝早いため、店はまだ開いておらず、名物の飫肥天は食べ損なってしまった。それでも大手門までは行き、そこからは武家屋敷通りを通って駅に戻った。
宮崎の休日

油津でかなりの待ち時間の後、志布志行きに乗って串間で下車。さほどの待ち時間もなく都井岬行きのコミュニティバスに乗り込む。乗ってきたバスは15分で串間駅に戻って行くが、それではあまりに滞在時間が短くなってしまうので、次のバスにすると、今度は3時間以上後になってしまって、どうも融通の利かないダイヤである。

都井岬に近づくとあちこちに野生の馬が見られて旅情を誘われる。バスを下車してまずはビジターセンターに向かう。要するに馬の生態についての解説がメインで入場料300円の値打ちは感じられなかった。そうそうに退出して、早めの昼食をとる。ゆっくり食事をして、展望台で景色を眺めてもまだたっぷりと時間は余っていたので灯台まで往復してくる。けっこうな登りで、今日は休養日なのにと思ったが仕方ないない。
宮崎の休日

帰りのバスでは寝過ごしてしまい、もう少しで串間駅に降り損なうところであった。列車の待ち時間がずいぶんあり、土産物屋を覗いたりビールを飲んだりして時間を潰す。

ここから宮崎までは83キロとの表示があり、明後日から3日間にわたって逆方向からほぼ鉄道に沿って歩くことになるわけだ。どうか元気に歩けますように

宮崎に着いてから、こちらに住んでいる姉夫婦と食事を共にして、宮崎の休日を終えた。

|

« 降雨の前進 | トップページ | 霧島登頂 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎の休日:

« 降雨の前進 | トップページ | 霧島登頂 »