« 霧島登頂 | トップページ | 日南海岸第2日 »

2014年4月 1日 (火)

日南海岸第1日



ホテルから日南海岸までの最短路をとろうとGPSにルート設定して、それに従って歩いていると渡ろうとしている橋は通行止めとの表示が出ている。最初は車はだめでも歩きならOKかもしれないと思って進みかけたが、やはり思い直して少し遠回りにはなるが、別の橋を渡っていくことにした。そちらの橋から見てみると、通行止の橋は半分くらいが橋脚だけとなっており、思い直してよかったと思った。多分懸けかえでしょうが、完成は平成33年という気の長い話である。予算の関係からかしら?

宮崎に着いた日に雨で靴がずぶ濡れになりながら歩いたためにできた豆の痕が、水泡を潰して水は全部だしているにもかかわらず、水泡の下の皮膚がまだ固くなってないために歩くとかなり痛む。バンドエイドや靴下を替えてみても効果がなかったので、明日も痛むようならば、包帯でぐるぐる巻きにして、患部のショックをやわらげるようにしてみよう。
空港と運動公園の横を通っていく道は単調だったが、やがて日南海岸が見渡せるようになると多少は気が紛れてくる。今回は時間短縮のために国道を歩いたので小高い所から海岸線を眺める形となった。
日南海岸第1日
青島あたりは半世紀前まではハワイなぞは高根の花であったので、新婚旅行のメッカだったようだが、今はさびれてしまったと聞いている。それでも遠くからみる限りは建物がたくさん建ち並んでいるそこそこの町に見えるが、青島から南になると人家もほとんどなくなり、静かな海岸線だけが続くようになる。
日南海岸第1日
コンビニも夕方に飲み物を買い求めた店が最後でこの後は油津までは20キロ以上コンビニがなくなってしまうのだ。この事は事前に調べてあったのだが、うっかり忘れてしまって買い出しもせずに、6時頃に伊比井駅に着いて初めて思い出した。今晩はこの駅で仮眠するか、もう少し歩いてホテルに泊まるかのいずれかとしていたが、食料がなくては駅に泊まることもできないので、数件あるホテルに電話してみると、いずれも定休日だという。ウソーといいたくなったが、やむを得
ず電車で二駅戻って、先ほどのコンビニで食料等を買い込んで、駅での長い夜を過ごすことになった。

|

« 霧島登頂 | トップページ | 日南海岸第2日 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 日南海岸第1日:

« 霧島登頂 | トップページ | 日南海岸第2日 »