« 抜糸 | トップページ | 井の頭線ぶらり途中下車の旅 »

2014年5月21日 (水)

エベレストに思う

シェルパの大量遭難でイモトがエベレストを断念したことはテレビを通じて全国に知れ渡ったが、その中で全隊が今季のエベレストを断念したと報道されて、「何てふがいのない連中ばかりなんだ、シェルパの力を借りなくても登ろうという気概のあるヤツはいないのか」と思っていたら、おっとどっこい少数の隊は登山を継続しているようだ(以下のニュース参照)。

http://www.afpbb.com/articles/-/3014938

最難所のヒラリーステップに固定ロープがすでに張られているのかどうかは知らないが、仮にまだ張られていないとしたら、実力のある登山者にとっては千載一遇のチャンスだろう。初登頂のときはもちろんだが、それから約20年後の田部井さんが登った時でも固定ロープはなかったはずで、それとほぼ同じ条件で登れるのは今季を逃してはないのだから

でも、彼らが登っても日テレはその事実を絶対に報道しないだろう。なぜなら、イモト隊が本来のヒマラヤ登山といかにかけ離れているものかを明らかにしてしまうからだ。

|

« 抜糸 | トップページ | 井の頭線ぶらり途中下車の旅 »

高所登山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エベレストに思う:

« 抜糸 | トップページ | 井の頭線ぶらり途中下車の旅 »