« 階上ボルダー発見できず | トップページ | ツヅラ岩 »

2014年6月28日 (土)

三度目の正直の蔵王熊野岳登頂

昨夜は道路の分岐点の間の芝地にテントを張ったので、どう見てもしかるべき人からお叱りを受けそうなので、明るくなって直ぐに撤収した。

今日はエコーラインの峠までまだ700メートルほど登らなければならない。十分睡眠をとったせいか、峠まではなんとか上がることができた。峠に自転車をデポして登りだすが、刈田岳への登山道は少々荒れている。エコーラインが刈田岳頂上直下まで有料道路として延びているので、峠からの登山道など利用する者などほとんどいないのだろう。登山道は有料道路を何回か横切って刈田岳頂上に達する。頂上直下には売店もあるようだが、帰りに寄ることにして熊野岳に直行する。途中の馬の背からは天気が良ければ御釜が望まれるはずなのだが、今日は深い霧でなにも見えない。今日は自転車で峠まで上がってきた疲れが残っているのか、今一つ元気が出ず、チンタラ登りで熊野岳頂上に達する。三度目にしてようやく登頂することができた。百名山88座目クリアである。
三度目の正直の蔵王熊野岳登頂

頂上から下山する際に間違って蔵王温泉への道を降りてしまった。しばらくして気づいて登り返して時間をロスしてしまった。だが悪いことばかりではないようで、馬の背あたりで一時的にガスが晴れてお釜が眺められたのである。頂上で道を間違わなければお釜を見るチャンスはなかったかもしれない。
三度目の正直の蔵王熊野岳登頂

峠に戻って、今度は南蔵王の縦走である。屏風岳という宮城県の最高峰までの往復である。歩き出す頃から雨が本格的に降りだし、登るに連れてますます強くなって登山道は川のようになってしまう。
屏風岳頂上とおぼしきあたりに着いたが、標識もなにもない。だが、高度計とGPSで判断して頂上はここに違いないということで峠に引き返す。

雨具の下にはTシャツ1枚で、すっかり体が冷えきってしまったため、峠に着くと持参した衣服を全て着込んで下降を開始する。雨で路面もブレーキも濡れているため、慎重に下降していく。体が冷えきっているため、暖かいものが食べたいと、途中の蕎麦屋が営業中と書いてあったので立ち寄るが、今日はもう閉店とのことで空振りであった。こうなれば、遠刈田温泉まで下るしかないので、4時半くらいに温泉に着いて暖かいソバで体の中から暖める。ここには共同浴場もあるので、入りたい気もしたが、風呂を出てからまた濡れた服を着るのもいやだったし、ここから新幹線の駅まで1時間以上雨の中を自転車に乗っていると、折角暖めた体がまた冷えてしまうのでやめにした。因みに前回はここからバスに乗ったので温泉に入ったのだが

温泉から白石蔵王までは200メートルくらいの登りがある。疲れた体にはきつかったが、なんとか頑張って白石蔵王にたどり着いた。途中2頭のイノシシに出会い、またトラブル発生かと思ったが、離れた場所で気長に待ったら立ち去ってくれてほっとした。

今回は概ね順調に予定を消化できたが、階上ボルダーに行けなかったのが心残りである。今回の続きの下北半島のツーリングに行く際には、ぜひとも階上ボルダーにリベンジしてみたい。

|

« 階上ボルダー発見できず | トップページ | ツヅラ岩 »

歩き」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 三度目の正直の蔵王熊野岳登頂:

« 階上ボルダー発見できず | トップページ | ツヅラ岩 »